iPhone 13 Proの基本的な使い方とジェスチャー操作方法、便利な設定方法【iOS15】

今年の新型iPhoneもホームボタンが非搭載のiPhone12シリーズを発表しました。

ホームボタンがないiPhoneはジェスチャー操作により、iPhone SE(第2世代)やiPhone8などで使えたホームボタンの操作を行う事ができます。

2021年9月時点でホームボタンが非搭載のiPhone(以下、iPhone 12 Pro)は、15機種(iPhone X、XS、XS Max、XR、11、11 Pro、11 Pro Max、12 mini、12、12 Pro、12 Pro Max、13 mini、13、13 Pro、13 Pro Max)が登場しています。

この記事では、ホームボタンが非搭載のiPhoneの基本的な使い方や便利機能をご紹介します。新しいジェスチャー操作をしっかり覚えて使いこなしましょう。

iPhone13 Proのジェスチャー操作と使い方

以下、ホームボタンが搭載されているiPhoneを「iPhone8」とします。ホームボタン非搭載のiPhoneを「iPhone13 Pro」として説明していきます。

ホーム画面に戻る

iPhone8ではホーム画面に戻すのは、ホームボタンを押して戻せました。

ホームボタンがないiPhone13 Proでは、ホーム画面に戻すには画面下のインジゲータバーを上方向にスワイプする事でホーム画面に戻せます。

iPhone12でホームに戻す

コントロールセンター・通知センターの出し方

コントロールセンターは、右上から下方向にスワイプします。

iPhone12のコントロールセンター

通知センターは、画面上の中央から左で下方向にスワイプします。

通知センター

iPhone 13 Proでホーム画面への戻し方、コントロールセンター&通知センターの出し方

Appスイッチャー(起動中のアプリ・マルチタスク)

iPhone8ではホームボタンをダブルクリックで表示させる事ができましたが、iPhone12 Proでは画面下のインジゲータバーから上方向にスワイプして指を止める事で表示できます。

iPhone12のAppスイッチャー

インジゲータバーを左右にスワイプしてアプリを切り替えられます。

iPhone13 起動中のアプリ(マルチタスク)の見方・停止(強制終了)・切り替え

iPhoneの電源を切る方法

iPhone13 Proでは、サイドボタン(電源ボタン)を長押ししただけで電源を切れません。

「サイドボタン」と「音量を下げるボタン(または音量上げるボタン)」を同時に長押しする必要があります。

iPhone12の電源を切る

または、設定から【一般】⇒【システム終了】より電源を切る事ができます。

iPhone13 Pro:電源の切り方。サイドボタン長押しでSiriが起動して電源が切れない

スクリーンショットの撮り方

スクリーンショットは、iPhone8ではホームボタンとサイドボタンの同時押しでしたが、iPhone13 Proは【サイドボタン】と【音量を上げるボタン】の同時押しで撮影できます。

スクリーンショットの撮り方

設定すれば、AssistiveTouchでスクリーンショットを撮る事もできます。詳しくはこちらの記事「iPhone13 Pro「スクリーンショット」と「強制再起動」のやり方」をご覧ください。

強制再起動のやり方

iPhone13の強制再起動は、3つのボタンを順に押していきます。

【音量を上げるボタン】⇒【音量を下げるボタン】⇒Appleのロゴが出るまで【サイドボタン】を長押しで強制的に再起動できます。

強制再起動

アプリをインストールする

App Storeで初めてアプリをインストールする時に戸惑ってしまう可能性があるのが、アプリをダウンロードしようとした際に表示する「ダブルクリックでインストール」と言う文言です。

ダブルクリックでインストール

これはサイドボタンを2回押してインストールを開始できます。サイドボタン

iPhone13 Proでアプリが取れない「ダブルクリックでインストール」のやり方

アニ文字・ミー文字を作成する

iPhone13 Proでは、アニ文字・ミー文字を作れます。アニ文字は、自分の顔をカメラに映すと表情や動き、音声がキャラクターに反映する機能です。

アニ文字

メッセージアプリから作って送信したり、保存したりできます。

iPhone:アニ文字の作り方・保存のやり方。LINEでの送り方など【iOS15・iPhone13対応】

簡易アクセス、画面の下げ方

大画面化した事により、指が画面上まで届きづらい、操作しづらいという場合は、簡易アクセスを使って画面を下げて使うと便利です。

画面の下げ方

画面の下の方から下方向にスワイプして画面を下げられます。簡易アクセスの設定は初期設定ではオンになっていますが、画面が下がらない場合は設定を確認してみてください。

iPhone「簡易アクセス」の設定方法と画面の下げ方【iPhone13・iOS15対応】

SiriとApple Pay

Siri:サイドボタン(iPhoneの右側面の物理ボタン)を長押しするか”Hey Siri”と話しかけて呼び出せます。

Apple Pay:サイドボタンをダブルクリックして、Face IDで認証、リーダーにかざして支払いできます。

iPhone13 Pro「Siri」と「Apple Pay」を起動する方法と設定について

便利な機能・設定

バッテリー残量をパーセント・数値で表示にする

iPhone13 Proでは、バッテリー残量が電池アイコンで表示していてパーセントで表示していません。

パーセントで表示させるには、コントロールセンターで見たり、ウィジェットを設置したりしてパーセント表示が可能です。

iPhone 13 Proのバッテリー残量をパーセントで見る方法(%表示にする)

iPhoneをタップで点ける・スリープ解除の設定

iPhone13 Proでは、サイドボタンを押さなくても画面をタップするだけでスリープ解除できます。設定よりタップしてスリープ解除の設定を有効にする事で機能します。

  1. 設定を開きます。
  2. 【アクセシビリティ】⇒【タッチ】の順にタップします。
  3. 「タップしてスリープ解除」のスイッチをオンにします。
タップしてスリープ解除の設定

iPhone13 Proの画面を点ける(スリープ解除)方法。画面タップ・傾けるなど

Face ID(顔認証システム)

あなたの顔がパスワードになる顔認証システムです。iPhone8やiPhone7に搭載されている指紋認証システム「Touch ID」でしていたことがFace IDでロック解除・認証ができます。

Face IDの設定は、設定の【Face IDとパスコード】から行えます。

iPhone XのFace IDが認証しない原因と対策。顔認証の精度を上げるための知識

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。