iPhone 12 Proのバッテリー残量をパーセントで見る方法(%表示にする)

iPhone8シリーズ以前の機種では、充電残量をパーセントにしてステータスバーに表示させてバッテリー残量を確認する事ができます。

しかし、ホームボタンを搭載しないiPhone(iPhone X、XS、XS Max、XR、11、11 Pro、11 Pro Max、12 mini、12、12 Pro、12 Pro Max「以下、iPhone12 Pro」)では、ステータスバーにバッテリーの残量をパーセント(%)で表示できません。

この記事では、iPhone 12 Proでバッテリー残量をパーセントで確認する方法をご紹介します。

バッテリー残量をパーセントで見る意味

バッテリーアイコンに表示しているメーターを見ておおよその充電残量は確認できますが、パーセントで見るように1%単位の数値ではわかりません。

パーセントで見ることで正確に残りのバッテリー残量を判断できます。

iPhone 12 Proにはパーセント表示の設定がない

iPhone 12 ProにはiPhone8などのような「バッテリー残量(%)」をステータスバーに表示させるための設定項目がありません。

iPhone 8 Plusなど他のモデルでは、設定にある【バッテリー】を開くと「バッテリー残量(%)」がありスイッチをオンオフしてステータスバーに表示させることができます。

iPhone12 Proでバッテリー残量をパーセントで見る方法

確認できた見方は「コントロールセンター」「ウィジェット」「Siri」の3通り。

コントロールセンターで見る

コントロールセンターを表示させると、右上にバッテリーアイコンと残量(%)が表示します。コントロールセンターはiPhone12 Proの画面右上から下方向にスワイプすることで呼び出せます。

iPhone12 Proでホーム画面への戻し方、コントロールセンター&通知センターの出し方

ウィジェットで見る

ホーム画面やウィジェットエリアにバッテリーウィジェットを設置する事でiPhoneのバッテリー残量をパーセントで確認する事ができます。

iOS14の場合

iOS14でホーム画面ウィジェットに対応しており、ホーム画面の好きな場所にバッテリーウィジェットを設置してバッテリー残量をチェックできます。Apple WatchなどのApple製品も設定しておけば、一緒にバッテリー残量を表示させられます。

  1. ホーム画面の背景を長押しします。
  2. 左上の【+】⇒【バッテリー】⇒ウィジェットサイズを選択します。
  3. 【ウィジェットを追加】をタップします。
バッテリーウィジェット

iOS11、iOS12、iOS13の場合

iOS11~iOS13は、ロック画面またはホーム画面の一番左のページにウィジェットエリアがあります。こちらにバッテリーのウィジェットを追加しておけば、バッテリー残量をチェックできます。

<設定手順>
ウィジェットページの一番下にある【編集】をタップして、【バッテリー】のウィジェットを追加します。プラスボタンで追加、マイナスボタンで削除できます。右側の三本線をドラッグ&ドロップでウィジェットの表示順を並び替えれます。

※バッテリーの設定項目がない場合
iPhoneのウィジェットに「バッテリー」の設定項目がない原因と表示方法

※ロック画面にウィジェットが表示しない場合
【設定】⇒【Face IDとパスコード】⇒ロック中にアクセスを許可にある【今日の表示】をオンにする

※ウィジェットにバッテリー残量を表示するには事前に設定が必要です。次の要領で設定してください。

Siriに聞く

Siriに「バッテリー残量」や「充電残量」と質問すると現在のバッテリー残量を教えてもらえます。

充電中はロック画面に表示する

スリープ解除直後、時刻の下に「○○%充電済み」と表示します。ただし、数秒で消えて日付が表示されます。

iPhone12 Pro「Siri」と「Apple Pay」の起動方法と設定

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。