iPhone XS、XR「Siri」と「Apple Pay」の起動方法と設定

iPhone8シリーズ以前のモデルでは、ホームボタンの長押しやダブルクリックをして「Siri」や「Apple Pay」を即座に起動させて利用することができました。iPhone X以降のモデルiPhoneX、XS、XS Max、XR(以下、iPhone XS)では、ホームボタンがないので少し操作方法が違います。

このページでは、iPhone XSで「Siri」と「Apple Pay」を起動させる方法と基本設定についてを解説します。SiriとApple Payはサイドボタンを使って素早く起動することができます。

最初にサイドボタンの位置を把握しておきましょう。iPhone XS本体の右側側面にあるのボタンです。

Siriを起動する

iPhone XSでは、サイドボタンを長押しするだけで起動します。ただし、設定がオフになっている場合はオンにしてください。

Siriの設定
【設定】⇒【Siriと検索】と進め、【サイドボタンを押してSiriを使用】のスイッチをオンにします。これで、サイドボタンを押してSiriを使うことができます。必要に応じて【ロック中にSiriを許可】も設定にしてください。

【”Hey Siri”を聞き取る】オンにして設定すれば、iPhoneに向かってHey Siriと話しかけるだけでSiriを起動させて質問することができます。

Apple Payを起動する

iPhone XSでは、スリープの状態で(ロック中に)サイドボタンをダブルクリックすることでApple Pay(Walletアプリ)が起動します。

Apple Payの設定
ダブルクリックで起動しない場合、カードの登録やダブルクリックの許可ができていないとダブルクリックで使うことができません。【設定】内の【WalletとApple Pay】で設定することができます。

iPhoneのApple Payがダブルクリックで起動しない時の対処方法

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。