iPhone X「アニ文字」しゃべる犬・猫・豚の作成・送信・保存のやり方

フィッシャーズがアニ文字を使った動画を公開したのをきっかけにSNS上でも話題となり、iPhone Xの犬のアプリをやってみたい、どうやってやるのなど気になっている人も多いようです。

このページでは、iPhoneのメッセージアプリに搭載されている「アニ文字」の使い方をご紹介します。

アニ文字の機能を使うには

iPhone Xに標準搭載されているメッセージアプリから利用することができます。別途アプリのインストールは不要。現在(2018年9月)アニ文字に対応しているのはiPhone X、iPhoneXS、XS Max、XRのみ。顔認証「Face ID」に使われているTrueDepthカメラシステムを使って、アニ文字が使えるようになっています。

※アニ文字の機能に似たアプリもあります。このアプリならiPhone X以外の機種でも利用できます。
iPhoneX以外もOK!アニ文字風アプリ「SUPERMOJI」の使い方。しゃべるパンダ・イヌ・ニワトリが作れる

アニ文字を使う準備

メッセージアプリを利用するのですが、SMS/MMSではなくiMessageで利用します。設定からiMessageを有効にして下さい。

<操作手順>
【設定】⇒【メッセージ】⇒【iMessageをオンにする】

※iMessageをオンにした後、メッセージ設定画面に【iMessageにApple IDを使用】と出ている場合は、タップしてサインインしておきましょう。

iMessageは、iPhone、iPad、iMacなどApple製品間で送受信することができるメッセージ機能です。作成したアニ文字を保存すれば、iMessage以外でも送ることができます。

アニ文字を作成・送信・保存

①メッセージアプリを開いて、履歴からまたは新規メッセージから送信画面を出します。

※新規メッセージの場合は宛先を入力してください。

②入力フォームの左側にある【iMessage用App Storeアイコン】⇒下のタブメニューにある【アニ文字アイコン】をタップします。

③左枠から好きなキャラクターを選択して下さい。キャラは、サル・ロボット・イヌ・宇宙人・ネコ・きつね・うんち・ブタ・パンダ・ウサギ・ニワトリ・ユニコーン・ライオン・ドラゴン・ガイコツ・クマ・トラ・コアラ・恐竜・おばけ・ミー文字などから選べます。

④キャラクターの枠に自分の顔が映るように合わせてください。すると、【録画(赤丸マーク)】ボタンが表示します。タップして録画を開始して見ましょう。

撮影時間は最大10秒間。もう一度、赤ボタン(録画)を押せば停止します。

⑤撮影ができたら、送信、削除、プレビューができます。

・ゴミ箱のマーク:削除
・円矢印のマーク:プレビュー再生
・上矢印のマーク:送信

⑥保存したい場合は、送信したアニ文字を長押し(または3D Touch+スワイプアップ)して【保存】をタップすれば、iPhoneのストレージ(写真アプリ)に保存することができます。保存したデータはLINEなどでも送信できます。

録画したがアニ文字を変えたい

例えば、犬のアニ文字で録画したが、ユニコーンに変えたいという場合、再度撮影をし直す必要はありません。上記の④まで完了させていて、動画をプレビュー再生できる状態であることが条件です。

プレビュー再生できる状態で、ほかのアニ文字に切り替えてみてください。表情の変化や音声などは録画したもののままアニ文字だけを切り替えることができます。

アニ文字をステッカー(スタンプ)にして送る

①録画する時と同じ手順(上記参照)で、アニ文字のキャラクター選択をして下さい。

②自分の顔を映して、キャラクターの表情を作ってください。アニ文字が良い表情になったら、アニ文字をタップすると、アニ文字ステッカーとテキストメッセージを入力して一緒に送信できます。

あるいは、アニ文字を長押しして上方向(メッセージ欄)にドラッグ&ドロップでアニ文字ステッカーのみを送信できます。

メッセージアプリのカメラでアニ文字を使う

カメラアプリを起動させてもアニ文字を使えませんが、メッセージアプリ内からカメラ機能を起動させると、アニ文字を使った撮影ができます。動画、写真どちらも可能。

メッセージアプリ内のメッセージ入力フォームの左側にある【カメラアイコン】をタップすると、カメラが起動します。まずは、ビデオかカメラか希望の撮影方法を選択してください。

カメラでアニ文字

次に左下にある【星のアイコン】⇒【サルのアイコン】⇒アニ文字を選択して撮影できます。

FaceTimeでアニ文字を使う

FaceTimeの通話中に画面左下に表示する【星アイコン】をタップして【サルのアイコン】をタップして好きなアニ文字を選んで使えます。

フェイスタイム

iOS12にミー文字が登場

ミー文字は、オリジナルのアニ文字を作ることができる機能です。

ミー文字の使い方(作成・削除・動画撮影・保存など)オリジナルのアニ文字作成

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。