LINEキャラクターエフェクトの使い方や保存のやり方。使えない、反応しない原因と対処方法も

LINEアプリのバージョン8.16.0(Androidは8.15.0)でキャラクターエフェクトという機能が追加されました。カメラに映した自分の表情や動きに合わせて

このページでは、LINEアプリの新機能「キャラクターエフェクト」の使い方などを解説していきます。

LINEキャラクターエフェクトとは?

カメラに映した自分の表情や動きに合わせて、キャラクターが同じように動く機能。顔の動きを認識してリアルタイムに動き反映します。

キャラクターエフェクト

iPhoneの「アニ文字」やGalaxyの「AR Emoji(AR絵文字)」を使ったことのある方や知っている方はイメージしやすいと思います。

キャラクターエフェクトで反映するのは、目や口を開いたり閉じた表情、顔の向き、笑顔で目がキラキラするなどの動きのみ。例えば、アニ文字は顔認証Face IDで使われるTrueDepthカメラを搭載したiPhone(XS、XS Max、XRなど)のみ利用でき、細かな顔の動きを反映できます。

キャラクターエフェクトは、アニ文字やAR絵文字のような細かい表情はキャッチできませんが、一部の機種限定というわけでなく幅広い機種で利用可能。アニ文字やAR絵文字が使えない機種でもキャラクターエフェクトは利用できます。とは言っても、非対応機種もあります。

昼と夜に使った時の違いにも注目してみましょう。使用する時間や使用するキャラによって、キャラクターのバック(背景)が変化するといった工夫が盛り込まれています。

LINEキャラクターエフェクトの背景

LINE公式ブログ|キャラクターエフェクトを試してみよう

今のところ(2018年11月8日時点)、使えるキャラは、LINEオリジナルキャラクターのウサギのコニーとネコの2種類。ネコは、マンジュウキャットという名前。使えるキャラクターは、今後追加されていくとのことです。

キャラクターエフェクトの使い方

LINEアプリ内の「ビデオ通話」「チャットライブ」「カメラ」のいずれかから使用することができます。

最初は練習でトークルームの「カメラ」でキャラクターエフェクトを使ってみましょう。使い方がわかったら、ビデオ通話中やチャットライブで使ってみるといいと思います。

トークルームのカメラを使う

トークルームを開いて、【カメラ】をタップします。カメラが起動したら、左下の【ニコちゃんマーク】をタップして、使いたい【キャラクターエフェクトのアイコン】をタップします。

キャラクターエフェクトの使い方

自分の顔を映して顔を動かりしたり、目を瞑ってみたり、口を開いたり閉じたりしてみてください。カメラに映ったキャラクターが同じ動きをするのがわかると思います。

では、次にキャラクターエフェクトをデータにしていきます。「写真」「動画」「GIF」から選んでください。ここでは静止画(写真)で撮影してみます。シャッターボタンを押すだけ。撮影した写真が表示します。

保存と送信

友達に撮影したデータを送りたい場合は、右下の【紙飛行機のアイコン】をタップして送信できます。【下矢印(ダウンロード)】で端末に保存。左下のアイコンで写真を取り直すことができます。

画面上のボタンで手書き入力して落書きしたり、テキスト入力、絵文字スタンプを入れたり加工することもできます。

ビデオ通話やLiveで使う場合

LINEビデオ通話もLive配信で使う場合もキャラクターエフェクトの使い方は上記で説明した「カメラ」で使うのと一緒です。

ビデオ通話とlive

トークルーム上の【電話のアイコン】をタップして「ビデオ通話」か「Live(複数人またはグループトークのみ利用可)」を選択。あとは、【ニコちゃんマーク】⇒【キャラクターエフェクトのアイコン】の順にタップして利用できます。

キャラクターエフェクトがうまく動かない、反応しない場合

インカメラ(ディスプレイ側のカメラ)で自分の顔を認識して、キャラに表情、動きが反映します。カメラとの距離は近すぎても遠すぎてもうまく反応しません。50センチ前後が認識しやすいと思います(iPhone XS利用)。

当然、マスクをしていたり顔が隠れていると表情が反映しません。

キャラクターエフェクトが使えない原因は?

キャラクターエフェクトは、LINEアプリバージョンiOS版はVer.8.16.0、Android版はVer.8.15.0で追加された新機能です。これよりも古いバージョンを利用している場合は最新バージョンへのアップデートが必要です。App StoreやPlayストアなどのアプリストアからアップデートしてください。

アップデートしても使えない場合は、非対応機種あるいはOSバージョンである可能性があります。キャラクターエフェクトを利用する条件は見当たりませんでしたが、ビデオ通話のエフェクトの利用環境として「Android4.4以上、iPhone6以上、iPad Air以上、iPad mini4以上」との記載がありますので古い機種を使っている場合は使えない可能性があります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。