iPhone12 Pro「スクリーンショット」と「強制再起動」のやり方

iPhone SE(第2世代)やiPhone8シリーズ以前のモデルでは、ホームボタンと電源ボタンを使ってスクリーンショットや強制再起動を行う事ができました。

しかし、ホームボタンが廃止されたiPhone(iPhone X、XS、XS Max、XR、11、11 Pro、11 Pro Max、12 mini、12、12 Pro、12 Pro Max「以下、iPhone12 Pro」)ではホームボタンがないため、操作方法が異なります。

この記事では、iPhone12 ProなどのホームボタンのないiPhoneで「スクリーンショット(スクショ)」を撮る方法と「強制再起動」のやり方をご紹介します。

iPhone12 Proの各ボタン

スクショと強制再起動で使うのは、「サイドボタン(電源ボタン)」と「音量ボタン(上げる/下げる)」。ボタンの配置と名称は次の通りです。

iPhone12 Proを縦に持った時に、右側面にあるのがサイドボタン、左側面の上側が音量を上げるボタン、左側面の下が音量を下げるボタンです。

スクリーンショットの撮り方

iPhone 8 Plusなどのホームボタンを搭載しているモデルでは、ホームボタンと電源ボタンの同時押しでスクリーンショットを撮れましたが、iPhone12 Proではホームボタンの代わりに音量ボタンとサイドボタンを使って画面を撮影できます。

  1. 撮影したい画面を表示させます。
  2. 【サイドボタン】と【音量を上げるボタン】を同時押しするとスクショを撮れます。
スクリーンショットの撮り方

スクリーンショットを撮影すると左下のプレビューが表示します。プレビューをタップして編集画面に移行できます。編集しない場合はプレビューを左にスワイプしてプレビューを消してください(放置しても勝手に消えます)。

スクリーンショットを編集

AssistiveTouchでスクショを撮る方法

AssistiveTouchを使えば、音量ボタンとサイドボタンを同時押ししなくてもタップだけスクリーンショットの撮影ができます。

AssistiveTouchの設定手順

  1. 設定を開きます。
  2. 【アクセシビリティ】⇒【タッチ】⇒【AssistiveTouch】の順にタップします。
  3. 「AssistiveTouch」のスイッチをオンにします。
  4. 【最上位メニューをカスタマイズ】⇒「スクリーンショット」を追加します。
アクセシビリティの設定 AssistiveTouchにスクリーンショットを追加

<iOS11、iOS12の場合>

【設定】⇒【一般】⇒【アクセシビリティ】⇒【AssistiveTouch】⇒AssistiveTouchのスイッチをオンにする⇒すぐ下の【最上位メニューをカスタマイズ】⇒スクリーンショットを追加する

AssistiveTouchでスクショを撮る

AssistiveTouchの設定が完了したら、画面内にAssistiveTouchのボタンが常時表示するようになります。

AssistiveTouchでスクリーンショットを撮る

後は、AssistiveTouchのボタンをタップして、【スクリーンショット】のアイコンをタップすれば撮影できます。

強制再起動のやり方

iPhoneの再起動は【サイドボタン+音量下げるボタン】を同時に長押しして電源を切って電源を入れなおす事ができます。

端末がフリーズなどで操作不能になると再起動をかける事ができなくなるため、「強制再起動」を行う事で強制的に再起動を行う事ができます。強制再起動は、フリーズやエラーなど不具合が生じた場合にも改善を期待できますので是非この機会に覚えておきましょう。

  1. 【音量を上げるボタン】を押す。
  2. 【音量を下げるボタン】を押す。
  3. Appleのロゴが出るまで【サイドボタン】を長押しします。
強制再起動

強制再起動できない場合は、①~③のボタンを押すのが遅すぎる可能性があります。素早く押してみてください。

それでも反応がない場合は、充電が切れている可能性が疑われます。故障していない場合は、しばらく充電してから電源が入るか試してみてください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。