iPhone12 Pro:電源の切り方。サイドボタン長押しでSiriが起動して電源が切れない

ホームボタンが非搭載のiPhone(iPhone X、XS、XS Max、XR、11、11 Pro、11 Pro Max、12 mini、12、12 Pro、12 Pro Max「以下、iPhone12 Pro」)は、iPhone8などのホームボタンを搭載しているiPhoneと本体の電源の切り方が異なります。

iPhone 12 Proではサイドボタンの長押しをしても、Siriが起動するだけで電源は切る事はできません。この記事では、iPhone12 Proの電源の切り方をご紹介します。

iPhone12 Proの電源の切り方

iPhone12 Proなどのホームボタンを搭載していないモデルでは、電源を切るには二つのボタンを同時押しする必要があります。

<電源の切り方>

右側面の「サイドボタン」と左側面下の「音量を下げるボタン(※1)」の2つのボタンを同時に長押しすると「電源オフのスライダー」が出るので左から右へスワイプすれば電源が切れます。

※1:「音量上げるボタン」でも可

ホームボタンが搭載されているiPhone8などの機種のように、iPhone12 Proではサイドボタンだけを長押しするとSiriが起動するようになっています。

設定から電源を切る

電源の切る方法は他にもあります。iOS11からは、物理ボタンを使用しなくても設定から電源を切れるようになっています。iOS10以前のバージョンでは対応していません。

設定画面から電源を切るユーザーは少ないですが、サイドボタンが故障してしまった場合でも簡単に電源を切れます。

  1. 設定を開きます。
  2. 【一般】⇒下の方にある【システム終了】をタップします。
  3. 「スライドで電源オフ」と出るのでスワイプして電源を切れます。
システム終了

※動作確認環境:iPhone 11 Pro、iOS14.1

iPhone12「スクリーンショット」と「強制再起動」のやり方

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。