iPhone11、XS、XR 起動中のアプリ(マルチタスク)の見方・停止(強制終了)・切り替え

iPhone X以降のモデルiPhoneX、XS、XS Max、XR、11、11 Pro、11 Pro Max(以下、iPhone11 Pro)は、ホームボタンが廃止されており、iPhone8 Plusなどホームボタンを使って出来ていた操作が直感的なジェスチャー操作でホームボタンがなくてもさまざまな操作が行えるようになっています。

このページでは、ホームボタンのないiPhone11 Proなどで起動中のアプリ(マルチタスク)の見方・終了させる方法、バックグラウンドで動いているアプリを切り替える方法を紹介します。

起動中のアプリ(マルチタスク)を開く

iPhoneXSでは、画面下から上方向にスワイプして指を止めると、Appスイッチャー(マルチタスク画面)が表示します。ちなみに、似ている操作ですが下から上にスワイプして指を離すと、ホーム画面へ戻る操作になります。

※起動中のアプリの画面は、iPhone8 Plusなどホームボタンのある機種ではホームボタンを2回連続で押す(ダブルクリック)ことで表示させることができました。

アプリを停止(強制終了)する

iOS11

起動中のアプリ(Appスイッチャー)が表示したら、停止させたいアプリ(プレビュー)を長押しします。すると、各アプリの左上【削除ボタン(赤色のマイナスのアイコン)】が表示します。

この状態で停止したいアプリを「下から上にスワイプ」または「削除ボタン(赤色のマイナスのアイコン)をタップ」で停止(強制終了)させることができます。

iOS12、iOS13

起動中のアプリ(Appスイッチャー)の画面で終了させたいアプリを下から上方向にスワイプするだけで終了させることができます。(iPhone8 PlusやiPhone 7などと同じ)

iOS11のように、Appスイッチャーでプレビューを長押ししても特に何も起こらなくなっています。

アプリがフリーズして動かない時などもマルチタスク(Appスイッチャー)から停止させることで強制終了できます。

アプリの切り替え

画面下から上へスワイプ停止をして起動中のアプリ一覧(マルチタスク)を表示。次に、使いたいアプリをタップして選択、起動しているアプリを簡単に切り替えることができます。

もしくは、画面下にあるバー(ホームインジケータ)を右から左(または左から右)にスワイプすると、ひとつ隣のアプリに移動することができます。下のツイート動画のように半円を描くような動きでも認識するようです。

iPhone 11 Proでホーム画面への戻し方、コントロールセンター&通知センターの出し方

4 件のコメント

  • アプリが表示されていない状態からマルチタスクを表示させる方法はありますか?
    どれかアプリを開かないとマルチタスクになりません。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。