iPhone 12 Proでホーム画面への戻し方、コントロールセンター&通知センターの出し方

ホームボタンが搭載されていないiPhone(iPhone X、XS、XS Max、XR、11、11 Pro、11 Pro Max、12 mini、12、12 Pro、12 Pro Max「以下、iPhone12 Pro」)では、iPhone SE(第2世代)やiPhone8シリーズ以前のモデルのようにホームボタンがないため、ホームボタンを押してホーム画面に戻すと言った操作ができません。

代わりに直感的なジェスチャーで操作に対応しており、iPhone12 Proではボタンを押すことなくホーム画面に戻せるようになっています。

この記事では、iPhone 12 Proでの「ホーム画面への戻し方」「コントロールセンターの出し方」「通知センターの出し方」を紹介します。普段からよく使う操作なのでしっかり押さえておきましょう。

ホーム画面へ戻す

アプリを使い終わった後や違うアプリを使いたい時などスマホの操作で欠かせないホーム画面へ戻す操作。

iPhone 12 Proはホームボタンがないので、代わりに画面下から上方向にスワイプすることでホーム画面に戻すことができるようになっています(iPhone8など以前のモデルでは、コントロールセンターを呼び出していた時の操作)

<ホームに戻る>

  1. 画面下から上にスワイプします。
  2. ホーム画面に戻ります。

※下から上方向にスワイプして止めると「全ての起動中のアプリ一覧(マルチタスク)」が表示します。似た操作ですが、全く違う働きをします。

iPhone12 Pro 起動中のアプリ(マルチタスク)の見方・停止(強制終了)・切り替え

コントロールセンターを呼び出す

iPhone 12 Proでは、iPhone8 Plusなどでコントロールセンターを出す画面下から上にスワイプする操作が「ホーム画面に戻る」機能が働きます。

iPhone 12 Proは下からではなく上から呼び出せるようになっています。

<コントロールセンターを呼び出す>

  1. 画面の右上から下方向にスワイプします。
  2. コントロールセンターが表示します。

コントロールセンターに表示するボタン(各機能)は設定からカスタマイズできます。

<コントロールセンターのカスタマイズ>

  1. 設定を開きます。
  2. 【コントロールセンター】をタップします。
  3. 【+】でコントロールを追加、【-】でコントロールを削除できます。
  4. 右の【三】の部分を長押しして上下に移動させて順番を変更できます。

通知センターを出す

通知センターは、画面上の中央から左側を下方向にスワイプして呼び出せます。

通知センター

画面上まで指を伸ばしてスワイプするのが使いづらい、面倒という方には「簡易アクセス」の機能が便利です。

iPhone「簡易アクセス」の設定方法と画面の下げ方

AssistiveTouchを使う

AssistiveTouch(アシスティブタッチ)を設定すれば、AssistiveTouchボタンからホームへ戻す、通知センター・コントロールセンターを呼び出すことができます。

<アクセシビリティの設定>

iOS13、iOS14の場合:【設定】⇒【アクセシビリティ】⇒【タッチ】⇒【AssistiveTouch】⇒AssistiveTouchのスイッチをオン⇒【最上位メニューをカスタマイズ】⇒ホーム、通知、コントロールセンターを追加します

アクセシビリティの設定 最上位メニューをカスタマイズ

iOS12の場合:【設定】⇒【一般】⇒【アクセシビリティ】⇒【AssistiveTouch】⇒AssistiveTouchのスイッチをオンにする⇒すぐ下の【最上位メニューをカスタマイズ】⇒ホーム、通知、コントロールセンターを追加します

<AssistiveTouchの操作方法>

AssistiveTouchの設定をすれば、AssistiveTouchのボタンから各アイコンをタップするだけです。簡単にホームへ戻す、通知センター・コントロールセンターを表示させるといった操作ができるようになっています。

AssistiveTouchの操作

AssistiveTouchをショートカットに設定する(サイドボタンをトリプルクリック)

AssistiveTouchの設定をオンにすると、常時表示するようになりますが、使いたい時だけ呼び出すようにも設定できます。

AssistiveTouchをショートカットに設定する事で、サイドボタン(電源ボタン)をトリプルクリックする事で呼出可能です。

<ショートカットの設定>

iOS12の場合:【設定】⇒【一般】⇒【アクセシビリティ】⇒一番下にある【ショートカット】⇒AssistiveTouchにチェックを入れます

iOS13、iOS14の場合:【設定】⇒【アクセシビリティ】⇒一番下にある【ショートカット】⇒AssistiveTouchにチェックを入れます

以上で、ショートカットの設定が完了です。サイドボタンをトリプルクリック(3回で連続押す)してみてください。すぐに、アシスティブタッチを表示させる事ができます。消したい時はもう一度トリプルクリックすれば消えます。

6 件のコメント

  • AssistiveTouchを設定すれば、AssistiveTouchボタンからホームへ戻す、通知センター・コントロールセンターを呼び出すことができます
    上記、説明がありますが、通知センター・コントロールセンターって何?
    あまりにも、知らな過ぎてすみません。

  • 時間外さんへ

    通知センターは、画面左上を下にスワイプすると出る画面です。主に着信やLINEやメッセージなどの通知を見れます。

    コントロールセンターは、画面右上を下にスワイプすると出る画面です。wifiやbluetooth、音量、明るさなどのコントロールをできます。

  • iPhone7プラスのときはホームボタンを3回押すとアシスティブタッチがでてきましたが、iPhone11などホームボタンがない時の画面への簡単な出し方はないのですか?

    • ショートカットに設定すれば、サイドボタンを3回押してアシスティブタッチを呼び出せます。

      ショートカットの設定について、記事の最後の項目に追記しました。参考にしてみてください。

    • 画面下から上にスワイプすると、前回表示していたホーム画面のページに戻ります。もう一度、画面下から上にスワイプする事で1ページ目に戻れます。

      ※動作確認環境:iPhone 11 Pro、iOS14.1

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。