iPhone11 Proでアプリが取れない「ダブルクリックでインストール」のやり方

ホームボタンのないiPhone(iPhoneX、XS、XS Max、XR、11、11 Pro、11 Pro Max「以下、iPhone11 Pro」)では、顔認証システム「Face ID」に対応しています。

Face IDを有効にした状態でApp Storeからアプリのダウンロードをしようとすると、画面右上に「ダブルクリックでインストール」と表示されるようになっていて、ダブルクリックして顔認証を行う事でアプリをダウンロードできるようになっています。

この操作は、iPhone8などのFace ID非対応の機種とは、操作方法が異なるので、機種変更したばかりのユーザーは「どこを押すの?やり方がわからない!」と戸惑っているユーザーも少なくないみたいです。

このページでは、iPhone11 Proなどで、ダブルクリックでインストールと出た時のダウンロードのやり方とダブルクリックの押す間隔を調節する方法をご紹介します。

ダブルクリックでインストールについて

Face ID(顔認証)の設定している状態で、App Storeでアプリを新しくダウンロードしようとすると「ダブルクリックでインストール」や「ダブルクリックで支払い」という表示が出るようになっています。

同じく、Apple Pay支払い時にも「ダブルクリックで支払い」と表示します。

ここでのダブルクリックするは、iPhone X本体の右側面の物理ボタン「サイドボタン」です。ダブルクリックでインストールと出たら「サイドボタンを2回連続」で押すだけでOKです。

※クリックと書かれている場合は基本的には物理ボタンを指し、タップと表されている場合はディスプレイ内などをタッチする操作を指すことが多いです(例外もあります)

ダブルクリックの間隔を変更したい

「ダブルクリック」や「トリプルクリック」して動作する機能がいくつかありますが、デフォルトの状態ではある程度、早くボタンを連打する必要があります。

人によっては早く押せなかったり、サイドボタンになっていることからiPhone8などのホームボタンを連打するのとは違いやりづらい、できないといったこともあります。

そういった方も操作しやすいように間隔を調整できるようになっています。

 

<iOS11、iOS12の操作手順>
【設定】⇒【一般】⇒【アクセシビリティ】⇒操作の項目の【サイドボタン】⇒クリックの間隔「デフォルト」「遅く」「最も遅く」から選択すれば設定完了です。

※デフォルトより遅くすることで少し遅くダブルクリックしても反応するようになります

<iOS13の操作手順>
【設定】⇒【アクセシビリティ】⇒身体および動作の項目にある【サイドボタン】⇒クリックの間隔「デフォルト」「遅く」「最も遅く」から選択すれば設定完了です。

ダブルクリックでインストールをなしにしたい

ダブルクリックでインストールをなしにして、Face ID非対応機種のような操作でダウンロードできるようにしたい場合は、Face IDを無効にするか、App StoreでFace IDを使用しないように設定すれば、Face ID非対応機種のような画面でアプリのダウンロードをすることができます。

折角のFace IDですが、あまりに使いづらいようでしたら、設定を変えてみるのもいいかもしれません。

詳しい設定は、下記リンク先の記事で紹介しています。

iPhone11 Proの無料アプリを「Face ID&ダブルクリック」なしでインストールする設定

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。