ドコモ新プラン「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」「ケータイパック」を10月21日提供開始、月額1800円

ドコモは、先日、日本経済新聞が報じていたドコモケータイ向け新料金プラン『カケホーダイライトプラン(ケータイ)』を2016-2017 冬春 新サービス・新商品発表会で発表しました。カケホーダイライトプラン(ケータイ)は、5分以内の国内通話を無料で利用することができる月額1200円の通話プラン。5分超過分は30秒につき20円加算されます。

現行、ケータイ向けプランとして、カケホーダイプラン(ケータイ)が2200円で提供されている。こちらは、国内通話を24時間無料でかけ放題で利用できるプラン。ライトプランは1000円安く、月額1800円から利用できるライトユーザー向けの通話プランとなっている。

ライトプランの提供により、以上の二つのかけ放題プランより選択が可能となった。

カケホーダイライトプラン(ケータイ)と合わせ、新しくパケット定額「ケータイパック」の2段階制の通信用プランとの組み合わせが可能。ケータイパックは、データ通信の利用料に応じて料金が変動する従量型。

月額料金サンプル
カケホーダイライト(ケータイ)1200円
spモード 300円
ケータイパック 300円~4200円
合計 1800円~5700円

ドコモ長期契約者向け割引ずっとドコモ割の適用も可能となっており、契約年数が15年以上の方は、毎月300円割引されます。

ケータイ向けカケホーダイライト、ケータイパック

提供日は、AQUOS ケータイ SH-01Jの発売日に合わせて、10月21日より行う。

docomo報道発表資料 「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」を新設

au、ソフトバンクでも4Gケータイ向け新プランを発表
auガラホ向け新プラン「スーパーカケホ」と0円から利用できる新データ定額サービスを発表
ソフトバンク4Gケータイ向け新プラン発表およびデータ定額サービスの金額改定

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。