ソフトバンク4Gケータイ向け新プラン発表およびデータ定額サービスの金額改定

ソフトバンクは、4Gケータイ向けに5分以内の国内通話を無料で利用できるスマ放題ライト「通話定額ライト基本料(ケータイ)」を新設、2段階制データ定額の上限金額を4200円に改定します。2016年10月28日からの提供となる。

通話定額ライト基本料(ケータイ)は月額1200円で5分以内の国内通話が無料、5分超過分は30秒につき20円で利用できる新プラン。

そして、改定するデータ定額サービスは、「データ定額 S(4G ケータイ)」と「パケットし放題 S for 4G ケータイ」を月額0円から上限4200円(2.5GB)で利用可能とします。なお、本プランを現在契約中の方については、10月28日以降自動的に改定後の金額が適用されます。500KBまでは0円で利用でき、500KB超過後より、通信量に応じて加算され上限4200円で利用可能。2.5GBを超えると128Kbpsに速度低下します。

【料金サンプル】
通話定額ライト基本料 1200円
インターネット接続サービス 300円
データ定額 S(4G ケータイ) 0円~4200円
合計1500円~5700円

通話定額ライト基本料(ケータイ)、通話定額基本料(ケータイ)では、データ定額S(4Gケータイ)のほか、データ定額1GB、2GB、5GB、20GB、30GBのプランより選択可能。

ホワイトプランとパケットし放題S for 4Gケータイとの組み合わせなら、月額1234円から5434円で利用できます。ライトユーザーにはこの組み合わせがおすすめ。

SoftBank、4G ケータイ向けの新料金プランを提供開始(PDF)

docomo、auでも4Gケータイ向けの新プランを発表
ドコモ新プラン「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」「ケータイパック」を10月21日提供開始、月額1800円
auガラホ向け新プラン「スーパーカケホ」と0円から利用できる新データ定額サービスを発表

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。