ドコモ、ひとり向けの最安プラン「カケホーダイライト+データSパック」。1月30日より提供開始

ドコモは、スマホ・タブレット向けプラン「カケホーダイ&パケあえる」において、ドコモをひとりで契約する場合のプランの組み合わせの選択肢を拡大し、2017年1月30日より受付を開始する。

今回の変更により、「カケホーダイライトプラン」と「データSパック」の組み合わせで契約できるようになります。これにより、通話とデータ通信の利用が少なく、ドコモをひとりで契約していた(家族でデータシェアしていない)方の基本料金を今まで以上に安くすることが可能となる。

シェアパックを利用せずに一人で利用したい場合は、ウルトラデータLLパック(30GB)、ウルトラデータLパック(20GB)、データMパック(5GB)の3通りのデータ容量から選択して契約するものでした。

カケホーダイライトプランと今回追加される「データSパック(2GB)」を組み合わせて契約すると、

カケホーダイライトプラン 1700円
spモード 300円
データSパック 3500円
合計 5500円

カケホーダイライトプランとデータMパックの場合は、月額7000円。

カケホーダイプランとデータSパックを組み合わせた場合は

カケホーダイプラン 2700円
spモード 300円
データSパック 3500円
合計 6500円

となっていた為、通話とデータ通信の利用が少なく、ひとりでドコモを契約する場合は、少々料金が高くなる傾向にありましたが、カケホーダイライトプランとデータSパックを組み合わせて契約できるようになり、今までの最安の組み合わせだった「カケホーダイプラン+データSパック」の組み合わせよりも、毎月1000円安く利用できるようになります。

データ通信容量が少ない方にとっては今回の拡大は嬉しい変更となります。通話とデータ通信が少なくドコモをお一人で契約していた方は、是非プラン変更をしておこう。

プラン変更は、インターネット「My docomo」、カスタマーセンターに電話、ドコモショップ店頭で申し込みすることができます。

公式サイト docomo カケホーダイライトプランにおける適用パケットパックの拡大

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。