iPhone:アプリアイコンの色の変え方と好きな画像に変更する方法

iOS14にてホーム画面のカスタマイズ機能が強化され、壁紙やウィジェット、アプリアイコンをおしゃれにカスタマイズするのが流行っています。

この記事では、アプリアイコンを好きな画像や写真に変更する方法を解説していきます。

アプリアイコンを壁紙やウィジェットに馴染む色や画像に変える事でよりスタイリッシュな見た目に変更する事が可能です。

自分に合ったおしゃれでかわいい、かっこいいホーム画面を作ってみてはいかがでしょうか?

アプリアイコンを変更できるアプリは?

アプリアイコンのデザインを変更するには、iOS13より標準搭載されている「ショートカット」アプリを使用します。

設定自体は簡単なものでアイコンの画像を準備してショートカットアプリで設定するだけです。アプリ毎にアイコンを設定していくので、変更したいアイコンが多い場合は時間がかかる場合があります。

注意点

アプリアイコンのデザインを変更するには、ショートカットアプリを経由して設定したアプリが開きます。そのため、左上に「ショートカット」アプリへのリンクが表示されます。

下の画像は、ショートカットで作成したインスタグラムを開いた画面です。左上に「ショートカット」経由である事がわかります。タップすれば、ショートカットに移動できます。

ショートカット経由

また、ショートカットから作成したアプリアイコンには通知バッジが表示しません。通知バッジを表示させたいアプリについては、標準のアイコンのまま使用する事をおすすめします。

ショートカットアプリがない場合

ショートカットアプリはiOS13より標準搭載されていますが、iPhoneを探しても見つからない場合があります。

ショートカットアプリをアンインストールしている可能性もありますので、App Storeで検索してみてください。インストール済みの場合は【開く】になっています。

開くになっていない場合は、ダウンロードし直して利用してください。

アプリアイコンに設定する画像を準備する

実際にアプリアイコンを設定していく前に、アプリアイコンにしたい画像を準備しましょう。

アプリアイコンのフリー素材のサイトや手作りの画像、撮影した写真など、お好みのものを準備してください。

ホーム画面に馴染むように色を統一したり、アイコンのフォントを統一したりする事でおしゃれな見た目にできます。

アプリアイコンの色変えのやり方

流行りのアプリアイコンの色変えについてご説明します。かわいいピンク系、落ち着いたダーク系のアイコンなど、お好みの色に変更してみましょう。

アプリアイコンを変更

ここでは、お絵描きアプリの「アイビスペイントX」を使用した色の変え方をご紹介します。色変えは、他の写真加工アプリでも可能ですので使いやすいものを利用してください。

アイビスペイントX
「アイビスペイントX」アプリ
© ibis inc.
  1. 「アイビスペイントX」のアプリを起動します。
  2. 【マイギャラリー】⇒左下の【+】⇒【写真読み込み】⇒写真・画像を選択します。
    写真読み込み
  3. 「線画抽出」のダイアログが表示します。ここでは【キャンセル】をタップします。(線画を抽出したい場合は【OK】より進めてください)
  4. 【筆のアイコン】⇒【塗りつぶし】⇒色を選ぶ⇒塗りつぶす箇所をタップします。フィルターからも色を変えられます(※1)。
  5. 【←】⇒【PNG保存】をタップします。
塗りつぶし

※1:フィルターをかける場合、【筆のアイコン】⇒【フィルター】⇒【色相・彩度・明度】⇒色に調節⇒【✓(チェックマーク)】⇒【×】の順にタップします。

※動作確認環境:アイビスペイントX アプリバージョン7.1.0

以上でアイコン画像の色変えが完了しました。写真アプリに保存されている事を確認してください。

アプリアイコンの変更方法

iPhoneアプリのアイコンは下記の手順に沿って変更できます。

  1. ショートカットアプリを起動します。
  2. 右上の【+】⇒【アクションを追加】⇒【スクリプティ】⇒【Appを開く】の順にタップし新規ショートカットを作成します。
    ショートカットアプリの設定
  3. 【選択】をタップし、開くアプリを選びます。
    Appを選択
  4. 次に右上の【…】⇒【ホーム画面に追加】をタップします。【アプリアイコン】⇒【写真を選択】をタップしてアイコンに設定したい画像を選択してください。「写真を撮る」や「ファイルを選択」から指定も可能。
    アプリアイコンを変更
  5. 【選択】⇒アプリアイコンの名前を入力⇒【追加】をタップすると「ホーム画面に追加されました」と表示します。
    アイコン名を設定
  6. ショートカット名を決めて【完了】⇒もう一度【完了】をタップします。
    ショートカット名

以上でアプリアイコンがホーム画面に追加されています。

標準のアプリアイコンを非表示にする

ショートカットアプリでアイコンを作成すると、元々あった標準のアプリアイコンと自分で作ったアプリアイコンが二つある状態になります。

標準のアプリアイコンは必要ないと思いますので、ホーム画面から非表示にしておくとスッキリします。Appライブラリには表示しているので、いつでもホーム画面に戻せます。

<ホーム画面から非表示にする>

  1. ホーム画面の背景を長押しします。
  2. 画面上の【+】をタップします。
  3. 非表示にするアイコン【⊖】をタップします。
  4. 【Appライブラリへ移動】をタップします。
Appライブラリへ移動

※動作確認環境:iPhone 11 Pro、ショートカットアプリ、iOS14

Widgetsmithでウィジェットをカスタマイズ

ウィジェットのデザインをカスタマイズしたい場合は、ウィジェットのカスタマイズアプリを使用すれば、おしゃれなウィジェットを作成する事ができます。

おすすめは「Widgetsmith」です。Widgetsmithを利用すれば、時計やカレンダー、写真、バッテリー残量などのウィジェットを好きな色やフォントなどにカスタムできます。

詳しくはこちらの記事「Widgetsmithの使い方と設定手順。おしゃれなウィジェットを作れるアプリ」で紹介しています。よければ参考にしてみてください。

4 件のコメント

  • アイビスペイントでアイコンを作っても右上の通知件数が消えてしまうのですが、消さない方法はありますか?

  • ショートカットからホーム画面に追加したアイコンには通知バッジはつかないみたいです。

  • 名前がそのアプリの名前にしたいのに新規ショートカットのままです。

    自分の写真にしたアプリの名前を変えられますか?

    • 本記事の目次「アプリアイコンの変更方法」の項目内にある手順⑤でアプリアイコンの名前を変更しています。

      「新規ショートカット」から任意の名前に変更可能です。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。