【iOS13】App Storeのアップデートタブがない!アプリのアプデのやり方

iOS13では、App Storeのアップデートタブが廃止され、ゲームが遊び放題で楽しめる定額制の「Apple Arcade」のタブに変更されています。

アップデートタブそのものがなくなっており、最初はアプリのアップデートをどうすればできるかわからない人も多いと思います。

この記事では、iOS13でApp Storeのアプリをアップデートする方法をご紹介します。手動アップデートの操作手順と自動アップデートの設定について書いています。

やり方さえ覚えてしまえば、今まで通り簡単にできます。ぜひ参考にしてみてください。

※動作確認:iPhone 11 Pro、iOS13

iOS13:アプリの手動アップデート

iOS13のApp Storeでは、画面右上のアカウントアイコンをタップして、アップデート可能なアプリを確認することができます。

App Storeからアップデートする

  1. App Storeを開きます。
  2. 右上の【アカウントアイコン】をタップします。
  3. アカウント画面を開くと、下の方に「利用可能なアップデート」とあります。
  4. 各アプリの隣にある【アップデート】ボタンを押して、ひとつずつアップデートするか、【すべてをアップデート】をタップしてまとめてアップデートできます。
iOS13 App Store手動アップデート

App Storeのアイコンを長押しして、メニューから【アップデート】を選択して、アップデートのページ(アカウント画面)に行くこともできます。

長押しアップデートする

アップデート可能なアプリが出てこない場合

App Storeのアカウント画面にアップデート可能なアプリに出てこない場合があります。

更新する

その場合は、アカウントの画面で下方向にスワイプして更新してみましょう。上の方に円がくるくる回ったら更新されています。

iOS13:アプリの自動アップデート

自動アップデートの設定をしておくことで、自らアップデートの操作をしなくても、新バージョンが配信されたら自動的にアプリのアップデートを行います。

自動アップデートはiOS12以前からありましたが、iOS13では、モバイルデータ通信で自動アップデートをする場合に許可・確認する詳細な設定が追加されています。

自動アップデートの設定

  1. 設定アプリを開きます
  2. 【iTunes StoreとApp Store】をタップします
  3. 自動ダウンロードの「Appのアップデート」のスイッチをオンにします
iOS13 App Store自動アップデート

自動ダウンロードをWi-Fi接続時のみで行いたい場合は、モバイルデータ通信の項目にある「自動ダウンロード」のスイッチをオフにしておきましょう。

Appダウンロード

【iOS13の新しい設定項目】
モバイルデータ通信でダウンロードを許可する場合は、自動アップデートを許可する範囲の設定もしておきましょう。設定は【Appダウンロード】をタップし、「常に許可」「200MB以上のときは確認」「常に確認」から選択します。

もうすぐ行われる自動アップデート

自動アップデートに設定すると、App Store内の表示が「もうすぐ行われる自動アップデート」に表示が変わります。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。