auのpovoとLINEMOを比較。料金や通話、データ容量などの違いは?

2021年3月より提供を開始するau「povo」、ソフトバンクの「LINEMO」のオンライン専用プラン。

povoはデータ容量20GBで2480円、LINEMOは5分以内の通話無料+データ容量20GB+LINEギガノーカウントで2980円と格安の料金体系となっています。

この記事では、povoとLINEMOを比較し、主な違いについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

povoとLINEMOを比較

povoとLINEMOを表にして比較すると次のようになります。

キャリア au ソフトバンク
プラン名 povo LINEMO
提供開始日 2021年3月23日 2021年3月17日
基本料金 2480円 2480円
月間データ容量 20GB 20GB+LINEギガノーカウント
データ容量追加 1GB500円 1GB500円
データオプション 24時間使い放題(200円)
データ容量超過後の速度 送受信最大1Mbps 送受信最大1Mbps
ネットワーク auの4G・5G ソフトバンク回線の4G・5G
通話料 30秒20円 30秒20円
通話オプション 5分以内通話かけ放題(月額500円)
通話かけ放題(月額1500円)
5分以内通話かけ放題(月額500円)
通話かけ放題(月額1500円)
SMS(国内) 1通3円 1通3円?
新規事務手数料 無料 無料
解約金・MNP手数料 無料 無料
キャリアメール なし なし
eSIM 対応 対応
テザリング 対応(20GB) 対応(20GB)
iPhone 対応(iPhone6s以降) 利用可能?

※赤字は、未発表、未確定または調査中の内容です。

基本料金は同額

基本料金は、いずれも2480円となります。

当初は、SoftBank on LINEとして発表されたLINEMOは、5分以内の無料通話込みで基本料金2980円で発表されていました。

通話料の違いは?

povo、LINEMOともに通話料は30秒20円。

通話オプションは、5分以内無料通話のオプションは月500円、通話かけ放題は月1500円で用意されています。

当初、LINEMOは、5分以内無料通話オプションは分離されていませんでしたが、2021年2月18日の発表会で基本料金を2980円から2480円に変更し、5分以内無料通話オプションを提供する事が発表されました。

月間データ容量の違い

月間の基本データ容量は20GBと同じなのですが、LINEMOはLINEのデータ通信をゼロカウントで使用する事ができます。

povoは「24時間使い放題」のトッピングが用意されており、200円で24時間データ使い放題にする事ができます。例えば、休日映画を1日見ていたい時に「24時間使い放題」を追加すれば、その日は基本のデータ容量20GBとは別でデータ容量使い放題で利用可能です。

ネットワークの違い

当然キャリアが違うため、それぞれ使用する回線は違います。いずれも自社回線を使用します。

4G、5Gにも対応。povoの5Gは2021年夏対応予定である事がわかっています。

地域によっては多少、電波の良し悪しは出てくる可能性がありますが、基本的にはいずれも安心安定のネットワーク環境で通話・データ通信を行う事ができそうです。

LINEスタンププレミアム

LINEMOは、通常240円のLINEスタンププレミアム(ベーシックコース)を追加料金なしで利用できます。

LINEスタンププレミアムは700万種類以上のLINEのクリエイタースタンプを使い放題で利用できるサービスです。

どちらがおすすめ?

どちらが良いかは利用者によって異なります。ご自身の使い方や環境に適したプラン・オプションを契約するようにしましょう。

通話はほとんどしない、基本料金は安くしたい場合はpovo。LINEの通信量を抑えたいなら、LINEMOがおすすめです。

▼povoの詳細内容はこちらの記事
povoとahamoを比較!家族割やキャリアメールの対応可否、テザリングの料金について

▼LINEMOの詳細内容はこちらの記事
LINEMOとahamoを比較!ヤフープレミアム、テザリング、キャリアメール、eSIM、iPhoneは対応?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。