SoftBank on LINEとahamoを比較!テザリング、キャリアメール、eSIM、iPhoneは対応?

ソフトバンクは、オンライン専用のMNOブランド「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)(仮称)」を立ち上げました。SoftBank on LINEの新プランは、月額2980円でデータ容量20GB、LINEのデータ容量はノーカウントで利用できるプランを提供します。

SoftBank on LINEは、2021年3月にサービスインを予定しており、現在提供中のMVNOブランドの「LINEモバイル」の新規受付については詳細が決まり次第案内するとの事です。

この記事では、SoftBank on LINEの料金やネットワークなどの詳細内容とahamoとの違いについて解説していきます。

SoftBank on LINEとは

SoftBank on LINEは、月額2980円で月間データ容量20GB&LINEがギガノーカウント+5分以内の国内通話無料で利用できます。

基本料金 2980円
月間データ容量 20GB+LINEがギガノーカウント
速度制限 20GB超過後は最大1Mbps
通話料 1回5分以内無料。5分超過分は30秒20円
ネットワーク ソフトバンク回線の4G&5G対応

データ容量

月間データ容量20GBに加え、LINEアプリの使用(※1)についてはデータ容量の消費なく利用できる料金プランとなっています。20GB超過後の通信速度は、最大1Mbpsで利用可能です。なお、データ容量の追加につきましては、1GB500円で購入できます。

※1:LINEのギガノーカウントの対象は、LINEトークやLINEの無料通話などが対象となる予定。LINE内であっても対象外の機能もあります。

ネットワーク・エリア

SoftBank on LINEの回線は、ソフトバンク基地局23万箇所のネットワークを使用し、ソフトバンクと全く同じネットワーク・品質で利用可能です。

MVNOの回線のように時間帯などによって、通信速度の心配はしなくてよさそうです。

通話料について

1回5分以内の国内通話を無料できます。5分超過分については30秒20円が発生します。

また、通話オプションが月額1000円で用意されています。こちらは、24時間以内の国内通話が無料になるオプションです。5分を超える通話も無料になります。

例えば、通話オプションなしで30分通話すると1000円加算されます。5分以上の通話が多い方や長電話をする事が多い方は、通話オプションを付けておくとお得になります。

ブランド間の事務手数料は無料

ソフトバンクグループが提供する、ソフトバンク、SoftBank on LINE、ワイモバイルのブランド間で契約を切り替える場合は、手数料(解除料、番号移行手数料、事務手数料)は無料で切り替えられます(2021年春以降)。

現在、ソフトバンクやワイモバイルを契約しているユーザーも手数料の心配なく、SoftBank on LINEに移行ができます。あるいは、SoftBank on LINEからソフトバンクやワイモバイルに移行できます。

申し込み・契約方法

オンライン専用ブランドであるため、WEBまたはLINEアプリから手続きができます。

契約・申し込みやプラン変更など、全てWEB上(またはLINEアプリ上)から対応しています。解約やMNP予約番号の発行もオンライン手続きとなります。

なお、店頭での手続きには対応していません。

SoftBank on LINEとahamo(ドコモ)を比較!違いは?

ドコモとソフトバンクのオンライン専用プラン「ahamo(アハモ)」と「SoftBank on LINE」を比較してみます。2020年12月22日時点で発表されている内容です。

プラン・ブランド SoftBank on LINE(仮称) ahamo・ドコモ
サービス開始予定 2021年3月 2021年3月
基本料金 2980円 2980円
月間データ容量 20GB+LINEギガノーカウント 20GB
データ容量超過後の速度 送受信最大1Mbps 送受信最大1Mbps
ネットワーク ソフトバンク回線の4G・5G ドコモ回線の4G・5G
データ容量追加 1GB500円 1GB500円
通話料 5分以内の国内通話無料。5分超過後30秒20円 5分以内の国内通話無料。5分超過後30秒20円
通話オプション 24時間かけ放題(月1000円) 24時間かけ放題(月1000円)
SMS(国内) 1通3円? 1通3円
新規事務手数料 無料? 無料
解約金・MNP手数料 無料? 無料
キャリアメール なし? なし
eSIM 対応 対応(未確定)
テザリング 対応(20GB) 対応(20GB)
iPhone 利用可能? 利用可能(未確定)

※赤字は、未発表・未確定または調査中の内容です。

現在発表されているSoftBank on LINEとahamoの内容を比較すると、基本料金は同じ2980円、違うのは、月間のデータ容量は共に20GBではありますが、SoftBank on LINEはLINEをデータ容量の消費なく利用できるという点です。

それぞれ未発表の内容もありますが、恐らく同等の内容になると思われ、現時点ではそれほど大きな差はありません。

テザリングやキャリアメール、iPhoneの対応につきましては、楽天アンリミットやahamoと同じようになる事が予想されます。

ahamoやpovoの詳細内容について

auのpovo、ドコモのahamoの詳細につきましては、他社比較を含め、下記の記事で紹介しています。

ドコモ新料金プラン「ahamo」と楽天モバイルを比較!アハモはサブブランド?キャリアメールはなし?

au新プラン「povo」とahamoを比較!キャリアメールや家族割、テザリングについて

 

source:ソフトバンクプレスリリース|SoftBank on LINE

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。