ワイモバイル「スマホベーシックプランM・R」の変更内容とUQモバイルの「スマホプランR」を比較

ワイモバイルは、スマホベーシックプランMとRを2020年7月1日より改定することを発表しました。

今回は、ワイモバイルのスマホベーシックプランM・Rの改定内容と各プランの料金内訳や詳細内容、UQモバイルのスマホプランRとの違いについて解説していきます。

スマホベーシックプランM・Rの変更内容

今回の2020年7月1日より適用される変更内容は次の通りです。

  • スマホベーシックプランM データ容量1GB増量、速度制限後の速度が最大1Mbpsに緩和
  • スマホベーシックプランR 速度制限後の速度が最大1Mbpsに緩和

スマホベーシックプランMに対して、基本料金はそのままでデータ容量を9GBから10GBに1GB増量しました。以前よりもお得に利用できます。

スマホベーシックプランMとスマホベーシックプランRの両プランを対象に、速度制限後の通信速度を最大128kbpsから最大1Mbpsに変更しました。制限が緩和されることにより、以前よりも快適な通信が期待できます。

各プランの料金内訳と詳細内容

2020年7月1日改定後の各プランの内容について見ていきましょう。今回はスマホベーシックプランSに対して変更はありません。

料金内訳

プラン名 スマホベーシックプランS スマホベーシックプランM スマホベーシックプランR
基本料金 2680円 3680円 4680円
新規割(※1) ▲700円×6ヶ月
おうち割光セット(※2)or家族割引サービス(※3) ▲500円
合計 1480円 2480円 3480円

※1:新規割は、MNP、新規契約、契約変更と同時にスマホベーシックプランに加入した方を対象に割引するサービスです。

※2:おうち割光セットは、ソフトバンク光などの対象のインターネットサービスの契約があるとワイモバイルの基本料金から割引されます。

※3:ワイモバイルを家族で複数回線利用することで2回線目以降の契約を毎月500円割引するサービスです。スマホベーシックプランなどの対象プランへの加入が必要。

データ容量と速度制限

プラン名 スマホベーシックプランS スマホベーシックプランM スマホベーシックプランR
データ容量 3GB 10GB 14GB
データ増量オプション適用後 4GB 13GB 17GB
速度制限後 最大128kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

速度制限後は、スマホベーシックプランSのみが最大128kbpsになります。

通話料について

通話料はいずれのプランも10分以内の国内通話は無料で利用できます。10分超過後は30秒につき20円が発生します。

10分を超える通話が多い方には、24時間国内通話が無料になるオプション「スーパーだれとでも定額」が提供されています。オプション料は月額1000円で追加できます。

UQモバイル「スマホプランR」と比較

UQモバイルの新料金プラン「スマホプランR」とワイモバイルの「スマホベーシックプランM」を比べてみます。

メーカー ワイモバイル UQモバイル
プラン名 スマホベーシックプランM スマホプランR
データ容量 10GB 10GB
速度制限後 最大1Mbps 最大1Mbps
基本料金 3680円 2980円
家族割 ▲500円 ▲500円
新規割 ▲700円×6ヶ月
合計 2480円 2480円

割引込みで月額料金は同じになりますが、基本料金を比べるとUQモバイルの方が700円お得になっています。

両プランの大きな違いは通話料にあります。ワイモバイルは10分以内の国内通話が無料に対し、UQモバイルは無料時間がなく30秒20円発生します。

とは言え、UQモバイルには10分間無料になる「かけ放題」オプションが用意されています。オプション料は月額700円。なので、スマホプランRにかけ放題オプションを付ける場合は、スマホベーシックプランMと同じ基本料金になります(割引含まない場合)。

UQモバイル「スマホプランR」料金内訳や適用可能キャンペーン!楽天モバイル(MNO)との違いは?

source:ワイモバイル スマホベーシックプランM・Rを7月1日に改定|プレスリリース

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。