ワイモバイル5G対応の新プラン「シンプルS・M・L」とは?旧プランとの違いは?10分無料通話や値下げについて

ワイモバイルは、2021年2月より5Gサービスの提供を開始する事を発表しました。

それと同時に、4G、5Gに対応した新料金プランの提供をします。

この記事では、5G・4G対応の新料金プラン「シンプルS」「シンプルM」「シンプルL」の料金内訳などの詳細内容と現行プラン(旧プラン)との違いについて解説します。

5G・4G対応の新料金プランの料金内訳

今回、発表した料金プランは、月間データ容量3GBのシンプルS、10GBのシンプルM、20GBのシンプルLの3つのプランです。

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ容量 3GB 10GB 20GB
速度制限後 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 30秒20円
基本料金 1980円 2980円 3780円
おうち割光セット or 家族割引サービス ▲500円
合計 1480円 2480円 3280円

上記プランの登場により、現行プランである「スマホベーシックプランS・M・R」は、新料金プランの提供に同時に新規受付終了となります。

または、新プランの「シンプルL」は12月下旬提供予定だった「シンプル20」を改定したものになりますので、「シンプル20」の提供もありません。

また新料金プランは、現在提供中のワイモバ学割の対象プランになります。詳細は決定次第発表とのことです。

ワイモバ学割(2021年)はいつまで?料金内訳や通話料、家族の適用可否について

旧プラン(現行プラン)と比較。違いは?

旧プランとなる「スマホベーシックプランS・M・L」と「シンプル20」の違いを見ていきましょう。

基本料金700円値下げ

下記は旧プランと12月下旬提供予定だったシンプル20の料金内訳です。

プラン名 スマホベーシックプランS スマホベーシックプランM スマホベーシックプランR シンプル20
データ容量 3GB 10GB 14GB 20GB
速度制限後 最大300kbps 最大1Mbps
基本料金 2680円 3680円 4680円 4480円
新規割 ▲700円×6ヶ月
おうち割光セット or 家族割引サービス ▲500円
合計(割引後) ~7ヶ月目1480円
7ヶ月目~2180円
~7ヶ月目2480円
7ヶ月目~3180円
~7ヶ月目3480円
7ヶ月目~4180円
4480円

新料金プランのシンプルS・M・Lは、新規割のような割引はありませんが、基本料金そのものがスマホベーシックプランS・M、シンプル20よりも700円安くなっています。そのため、ずっと同じ金額で利用できます。

10分以内無料通話はなし

旧プランはオプションなしで10分以内の国内通話が無料になりましたが、シンプルS・M・Lは無料通話がなく、通話料は30秒20円になります。

通話オプションは、10分以内の国内通話を無料にできる「だれとでも定額」と24時間国内通話を無料にできる「スーパーだれとでも定額(S)」があります。

プラン名 シンプルS・M・L スマホベーシックプランS・M、シンプル20
通話料 30秒20円 10分以内の国内通話無料
10分以内無料 +700円
24時間無料 +1700円 +1000円

5Gに対応

シンプルS・M・Lは、5G通信に対応します。追加料金なく各プランの基本料金で5G対応機種を利用可能。4Gにも対応している5G・4G共通プランになります。

ワイモバイルの対応機種については、詳細が決まり次第発表されます。

source:ワイモバイル、5Gサービスを提供開始

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。