ドコモ ギガホ・ギガライト加入でタブレットやWi-Fiルーターの料金はどうなる?データプラスについて

モバイルWi-Fiルーターやタブレットをセットで契約している方もたくさんいらっしゃいます。

2019年6月からスマホ向けに新しいプランが提供されることとなりましたが、タブレットやモバイルWi-Fiルーターを契約しているけれども、新料金プランに変更したいが、セット契約しているモバイルWi-Fiルーターやタブレットはどうなるのか、気になっている方も多いと思います。

ギガホ、ギガライトが注目されていますが、モバイルWi-Fiルーターやタブレット向けに「データプラス」という新料金プランが一緒に提供されることが決まっています。

このページでは、データプラスについて解説していきます。

データプラスとは?

データプラスは、ギガホまたはギガライトとデータ容量を共有して利用できるプラン。音声通話機能はなく、データ通信のみ利用可能。ギガホ・ギガライトの回線とデータプラスの回線の名義は同一である必要があります。

データプラスで追加できるのは、1回線に1回線まで。なお、データプラスを利用するには、ペア設定(回線指定)が必要。

基本料金は次の通り。

定期契約あり 1000円
定期契約なし 2500円

定期契約は2年契約などを行う代わりに基本料金が安くなる契約。契約期間中に解約すると解除料が発生します。短期解約するなど特殊なケースを除き、多くは定期契約ありにします。

タブレットやモバイルWi-Fiルーターなどのシングル端末をプラス1000円でスマホとセットで利用できるようにすることが多いと思います。

従来のプランで言うと、2台目プラス(データプラン+シェアオプション)の位置づけ。

ギガホとデータプラスで契約する場合

例えば、ギガホを契約しているスマホとタブレットをセットにすると、次のようになります。

ギガホ 6980円
みんなドコモ割(3回線以上) ▲1000円
ギガホ割 ▲1000円×6ヶ月
データプラス 1000円
合計 5980円

この場合だと、ギガホのデータ容量30GBを2台で共有して使う形になります。30GB超過し、速度制限されても、タブレット側でもギガホの速度の1Mbpsで利用できます。

ギガライトとデータプラスで契約する場合

ギガライトとデータプラスで契約する場合

ギガライト 2980円
みんなドコモ割(3回線以上) ▲1000円
データプラス 1000円
合計 5980円

ギガライトは4段階制のプランなので使いすぎると、料金がどんどん上がっていくので、使い過ぎに注意してください。

データプラスはお得なの?

従来の「2台目プラス」でタブレットを契約すると、

データプラン 1700円
spモード 300円
シェアオプション 500円
合計 2500円

新料金プランの「データプラス」は1000円なので、基本料金だけ見ると1500円も安くなっています。

ですので、現在スマホとタブレットやWi-Fiルーターなどを2台目プラスでセット契約している場合は、ギガホ/ギガライトとデータプラスにすれば安くできる可能性があります。

ただし、割引などを受けている場合はプラン変更すると廃止されるものがあるので注意してください。受けている割引として多いのが月々サポートです。端末購入から2年経過していないと終了していないので、割引が消えることを含めた計算が必要です。

プラン変更については割引を受けていない場合、安くなる可能性が高いですが、これから端末購入(タブレットなど)を含め契約する場合は、端末代金が気になるところ。

これまでは、月々サポートを差し引くと端末代金が実質0円~数百円/月など格安で買えましたが、2019年6月1日以降は、月々サポートも廃止されるので、これから新しく購入する場合に端末代金がいくらかになるかにかかってきます。やはり、月々サポートがない分、今までよりも割高になりそうです。

新料金プランでシミュレーションしよう

ドコモの公式サイトに新料金プランの料金シミュレーターが公開されています。新料金プランのサービス開始後、プラン変更するかも含め、現在の料金と比較してみてはいかがでしょうか?簡単に料金を出すことができます。

公式ページ:ドコモ|料金シミュレーション

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。