LINEビデオ通話のカメラをオフにする方法

LINEのビデオ通話のカメラをオフにして通話する方法を紹介します。

通話途中で席を外すので一時的にカメラを止めておきたい時や顔を見せたことのない相手からビデオ通話がかかってきた時など、カメラをオフにしたいということがあると思います。使い方を把握しておけば、すぐにオンオフ切り替えできるので、機会があれば利用してみてください。

LINEビデオ通話のカメラをオフにする

自分側のカメラを写らないようにして、相手のスマホ上に映像が映らないようにします。

ビデオ通話中やビデオ通話開始前からも設定することができます。

ビデオ通話中にカメラをオフにする

ビデオ通話中に画面したに表示する【ビデオカメラに斜線が入ったアイコン】をタップするだけで自分側のカメラが停止し、相手に写らないようになります。ボタンが表示しない場合は、画面を一度タップすると表示します。

ビデオオフ

ビデオカメラのアイコンをもう一度押すと、すぐにビデオカメラが有効になります。

相手側には、「通話相手のカメラがオフになりました」と表示されます。

通話相手のカメラがオフになりました

ビデオカメラをオフにして電話に出る

電話(ビデオ通話)がかかってくると、画面下に【カメラをオフにして応答】のボタンが表示します。iPhoneでもAndroidでもどちらでも利用できます。

カメラをオフにして応答

ただし、iPhoneの場合は、「iPhoneの基本通話と統合」の設定が有効になっていると、着信時違う画面が表示するので、「カメラをオフにして応答」が表示しません。

iPhoneの基本通話と統合の設定は、LINEアプリの友だちタブにある【歯車のアイコン】⇒【通話】⇒「iPhoneの基本通話と統合」のスイッチをオンオフして設定を切り替えられます。

iPhoneの基本通話と統合をオンにしている場合、画面ロック状態とロック解除時で動作が異なります。

まず、iPhoneのロック解除されている状態では、【応答】ボタンをタップすると、すぐにビデオ通話が開始します。

LINEビデオ通話着信

そして、画面ロックの状態で着信は、スライドして電話に出るボタンが表示します。スライド後は、電話に出た状態で音声は繋がりますが、お互い映像は写っていません。次の画面で表示する【ビデオ】のアイコンをタップすると、ビデオが有効になります。

ビデオオン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。