LINEチャットライブ、自分のスマホ画面を友だちにライブ配信

LINEアプリのトークルームでライブ配信ができる機能「チャットライブ」に自分のスマホ画面をリアルタイムで共有することができる新機能が追加されました。Android版のLINEアプリVer.7.12.0で対応しています。iOS版は今のところ非対応(2017年9月22日時点)。見るのはiOS版でも可能。

新機能:スマホ画面のライブ配信

これまでのLINEチャットライブでは、基本的には同じトークルームにいる友だちにアウトカメラまたはインカメラを通して、自分の姿や景色などの映して配信するスタイルでしたが、新しい機能では自分のスマホ画面を映し出して配信することができます。

スマホ画面を友だちと共有して一緒のサイトやアプリを見ながら楽しんだり、離れて住む家族がスマホの操作がわからないという時には、言葉だけでは伝えづらいスマホの操作の説明も画面を見せながらわかりやすく教えてあげたりすることもできます。

※動作確認:Andoird版LINEアプリVer.7.13.0

使い方

①LINEアプリを起動させてライブ配信したいトークルームを開きます。

※LINEのチャットライブと使い方は同じで、複数人またはグループのトークルームでのみ行うことができます。

②上部の【電話のアイコン】を押して【Live】へ進みます。

③【右下のマーク】がスマホ画面の配信ボタンです。タップすると開始します。

④通常のチャットライブ配信とは違い、右下に【停止ボタン】が表示します。このボタンが出ている間は配信中です。終わりたい時は【停止ボタン】を押せば終了します。

他のアプリ画面やスマホの設定画面などLINEページ以外でも配信できます。私が確認した範囲では配信できましたが、配信できないサイトやアプリもあるかもしれません。

チャットライブ機能の詳細はこちらの記事をご覧ください
LINEチャットライブ機能の使い方。友だちとのトークルームでライブ配信

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。