LINEチャットライブ機能の使い方。友だちとのトークルームでライブ配信

LINEアプリのトークルームでライブ配信ができる新機能「チャットライブ」追加されました(8月16日発表)。このページでは、チャットライブの使い方について解説していきます。

※動作確認アプリバージョン:iOS版Ver.7.9.0、Android版Ver.7.9.2&7.5

LINEチャットライブ機能について

チャットライブ機能は、同じトークルームにいる友だちや家族といつも通りLINEトークをしながら、友だちにリアルタイムで自分のカメラに映る映像(ライブ中継)を見てもらったり、友だちの配信する映像を見たりして一緒に楽しむことができます。

チャットライブが利用できるのは、グループトークや複数人トークルームでの利用が可能です。ライブ中継を視聴できるのは、同じトークルームにいるユーザーのみです。

1対1でチャットライブ機能を使いたい場合は、グループを作成して1人だけ招待すれば1対1でチャットライブができます。通常の1対1のトークルームではチャットライブ機能は利用できません。

利用環境

LINEアプリバージョン7.9.0より追加された機能で古いバージョンを利用している場合は、アップデートが必要になります。※非対応機種もあります(一部のAndroidスマホ、iPhone4s以下)。

例えば、ユーザーAがライブを開始した場合、同じトークルームのユーザーBがLINEアプリがVer.7.9.0以前のバージョンを利用している場合、ユーザーBのトーク画面に「LINEを最新バージョンにアップデートしてください。+アップデートページへのURL」が届きます。

チャットライブの使い方

ライブ配信する
グループトークルームまたは複数人トークルームを開きます。画面上の【電話のアイコン】⇒【Live】よりライブ中継を開始することができます。配信者はエフェクトやフィルターの機能を使って映像を工夫することもできます。

終了する:右上の【バツマーク】
最縮小:左上の四角アイコン
拡大(全画面):バツマークの左の【矢印ボタン】
カメラ切り替え:右下の【円矢印】のボタン

ライブチャット機能

○○のLiveの下のアイマークの数字は現在の視聴者数です。

・全画面モード
エフェクト:左下【スマイルマーク】
音声オンオフ:【マイクのマーク】
フィルター、カメラオフ:【…】から
縮小:【斜め矢印】

ライブを視聴する
友だちがライブ配信を開始したら、「Liveが始まりました」と通知が届きます。ライブしているトークルームを開いたら自動的に映像がトークルームに表示します。

ライブの配信が終わると「Liveが終了しました」と表示し自動的に画面が消えます。

スマホ画面の配信機能

Android版のLINEアプリVer.7.12.0で対応。iOS版非対応。

右側のボタンでスマホ画面の配信がスタートします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。