LINEモバイルがOPPO R17 Pro、R15 Neoを販売開始!今なら約1万円引きで入手のチャンス

中華スマホメーカー OPPOは、2019年4月10日よりLINEモバイルが自社製スマホ『OPPO R17 Pro』と『OPPO R15 Neo』の取り扱いを開始したと発表しました。

今までOPPO社スマホを取り扱う格安MVNO業者は、楽天モバイル等一部に留まっていましたが

格安MVNO業者の中でも大手のLINEモバイルでも取り扱い開始という事で、今後のシェア拡大に予想されます。

LINEモバイルで取り扱い開始という事で、キャンペーン対象となり通常価格よりも約1万円安く入手も出来るようです。

今回取扱いが開始された2機種のOPPO製スマホのスペックと、キャンペーンについてまとめました。

『OPPO R15 Neo』と『OPPO R17 Pro』のスペックまとめ

まずはOPPO R15 ProとOPPO R17 ProがどのようなAndroidスマホなのか?スペックと機能をまとめたいと思います。

『OPPO R15 Neo』のスペック

まずはOPPO R15 Neoのスペック表ですが、下記のようになります。

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 450
OS ColorOS5.1(Based on Android 8.1)
内蔵RAM/ROM 3GB/64GB
外部メモリ microSD(最大256GB)
カメラ画素数 メインカメラ:1,300万画素/200万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー容量 4,230mAh
24回払い時価格(LINEモバイル) 890円(税抜)/月
一括払い時価格(LINEモバイル) 19,980円(税抜)

OPPO R15 Neoは低価格帯スマホになっていますが、バッテリー容量がハイエンドスマホ並みに確保されておりデュアルレンズのカメラもあります。

また低価格帯スマホに珍しく『ゲーム加速モード』を搭載しているのが特徴です。

『OPPO R17 Pro』のスペック

もう1台のOPPO R17 Proのスペックは下記のようになります。

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 710
OS ColorOS5.2(Based on Android 8.1)
内蔵RAM/ROM 6GB/128GB
外部メモリ 非対応
カメラ画素数 メインカメラ:1,200万画素+2,000万画素
インカメラ:2,500万画素
バッテリー容量 1,850mAh × 2(約3,700mAh相当量)
24回払い時価格(LINEモバイル) 2,600円(税抜)/月
一括払い時価格(LINEモバイル) 59,980円(税抜)

OPPO R17 ProはR15 Neoとは一転してハイエンドスマホとなり、性能も値段相応にアップしておりますが特筆すべきはカメラ性能です。

メイン(背面)カメラ、イン(前面)カメラ共に高画素数となっており、普段撮りはもちろん自撮り撮影時にも高画質な写真撮影が可能です。

ウルトラナイトモードやA.Iビューティーといった撮影時にも様々な補正がかけられるので写真や動画撮影に強いスマホになっております。

2019年3月にはTikTokとタイアップしたコラボキャンペーンを行っているので、R17 Proをご存知の方も少なくないかもしれません。

LINEモバイルのキャンペーン『LUCKY FESTIVAL』により期間限定値引き中

今回LINEモバイルは、R15 NeoとR17 Proを毎週水曜日に発表される『LUCKY FESTIVAL』の第4弾に選び値引きキャンペーンを開始しました。

このキャンペーンによりR15 Neoは通常価格25,880円が19,980円に、R17 Proは通常価格69,880円が59,980円に値引きされます。

OPPOが公式で販売しているamazonから購入するよりも6,000円~10,000円近く安く購入できるので、格安MVNO業者の契約を考えている方にはおすすめです。

値引きキャンペーンの『LUCKY FESTIVAL』は、2019年4月10日~同年5月14日までの期間限定ですので購入を検討している方は早めの契約がおすすめです。

LINEモバイル

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大手携帯電話事業者に就職後、販売やコールセンターにてお客様対応を経験。 審査業務を担当した後、経験を生かしてスマホWebライターとしても執筆中。 表には出てこない携帯電話事業者の裏側の話も知る人間として、お役に立てる情報を執筆したいと思っております。