ワイモバイル「ワイモバ学割(2019年)」の割引内容と適用条件。18歳以下と家族もキャンペーン対象

ワイモバイルは、2018年12月5日より「ワイモバ学割(2019年)」を提供開始することを発表しました。

このページでは、「ワイモバ学割」のキャンペーン適用条件や割引内容、昨年の学割との違いについて解説していきます。

ワイモバ学割の割引内容と適用条件

本キャンペーンは、スマホプランMもしくはスマホプランLを対象に基本料金より1000円×最大13ヶ月を割引するというもの。受付期間は、2018年12月5日から2019年5月31日までです。

データ増量オプション(2年間無料・500円/月)でスマホプランMはデータ容量9GB、スマホプランLは21GB利用可能。

スマホプランM スマホプランL
基本料金 3980円 5980円
ワンキュッパ割 ▲1000円×12ヶ月
ワイモバ学割 ▲1000円×13ヶ月
割引後 1980円 3980円

スマホプランM(9GB)は、13ヶ月間においては、学割が適用できることにより、スマホプランS(3GB)と同一基本料金で利用できます。

ワイモバ学割を適用するためには、下記の条件を全て満たす必要があります。

学生 家族
対象プラン スマホプランMかL
対象の契約 MNP、新規、番号移行のいずれかで契約
対象の機種 全機種、SIMのみも可
条件 5歳~18歳 ワイモバ学割適用の回線と同一グループの家族割引サービスに加入すること

家族割引サービスに加入しワイモバ学割を適用している回線は、併用可能でさらに毎月500円の割引を適用できます。

スマホプランM スマホプランL
基本料金 3980円 5980円
ワンキュッパ割 ▲1000円×12ヶ月
ワイモバ学割 ▲1000円×13ヶ月
家族割引サービス ▲500円
割引後 1480円 3480円

家族割引サービスを申し込みできる家族は、一緒に住む家族はもちろん、別の家に住んでいる親戚なども適用可能。家族、同姓、同住所であることを証明できる書類が必要になります。

昨年の学割よりお得になった?

昨年の「タダ学割」は、3ヶ月間基本料金が無料になり、スマホプランS、M、Lの適用が可能でした。SやLにしたい方が昨年の方が割引は少し多いが、Mにする方は今年の方が条件が良いです。

また、昨年はデータ容量ずーっと2倍があったが、今はもともとの容量が増量しているため昨年の2倍時と同じ容量を標準で使えるうえ、2年間はMは3GB、Lは7GB多く使えるので、データ容量については今年の方が条件が良いです。

HoneyWorksのコラボキャンペーン

人気クリエーターユニット「HoneyWorks」とのコラボで「LIP×LIPスペシャルLIVE」の招待状を抽選で500組(1000名)様にプレゼント。

応募資格は、12月5日から2019年2月28日までの期間中に5歳から18歳の方がMNP、新規、番号移行でワイモバイルを契約することが条件となっています。ワイモバイルショップでもらえる専用はがきで応募が必要。

12月5日から店舗で限定ショッパーがもらえるキャンペーンも実施しています。こちらはなくなり次第終了。

公式サイト:ワイモバ学割

2 件のコメント

  • オンラインで学割で購入しようとしたが、対象割り引きにならなかった。学生証もアップロードしてます。

    • オンラインで契約する際の注意点です。

      ■5歳~18歳の方の回線を契約する場合
      オンラインの申し込みは、契約者を保護者様にして頂き、お客様情報入力画面で「利用者」の欄を「契約者と別」にし、利用者情報の生年月日を入力。5歳~18歳でその他条件を満たしていれば自動適用されます。

      ■その家族の場合
      オンラインで申し込む回線を副回線にする場合は、申し込み時に、プラン選択画面で「家族割引サービス」をチェックし、お客さま情報入力画面で家族割引サービスの申込み情報にて主回線の番号を入力する必要があります。

      オンラインで申し込み家族の回線を主回線にする場合は、オンラインでは家族割引サービスを申し込みしないで、店頭にて家族割引サービスを申し込む必要があります。

      ※ワイモバ学割の公式ページにも記載されていますのでご確認ください。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。