au「ケータイauスマホ割」と「カケホ割60」の割引特典と適用条件を解説

auは、基本料金を1年間1000円割引する「ケータイ→auスマホ割」と永年1000円を毎月割引する「カケホ割60」の提供を2018年11月16日より開始しました。両キャンペーンを適用すれば、基本料金から月2000円もの割引を適用することができます。

このページでは、「ケータイ→auスマホ割」と「カケホ割60」の割引特典と適用条件、割引を適用して契約した場合の月額料金について紹介していきます。

ケータイ→auスマホ割とは

<特典>
基本料金から1年間1000円割引(合計12000円分割引)

<適用条件>
3Gケータイから4G対応スマホへ機種変更または他社からauへ乗り換えをするユーザーを対象とし、一緒に「auピタットプラン(カケホ/スーパーカケホ)」に加入することで適用できます。機種変更のついては、現在のauの3Gケータイを16ヶ月以上利用していることが条件となります。

機種変更・乗り換えする機種は、縛りはなく4G LTEスマホであれば適用できます。

スーパーカケホ カケホ
ピタットプラン(※1) 3480円 4480円
スマートバリュー ▲500円×永年
スマホ応援割 ▲1000円×1年間
ケータイauスマホ割 ▲1000円×1年間
合計 980円 1980円

※税抜きです

※1:月間のデータ使用量が1GBまでの場合の料金です。

2年目からは、スマホ応援割とケータイauスマホ割が終了するので上記の合計にプラス2000円となります。

機種代金を分割払いにする場合は、本体代金の金額が月額料金にプラスされます。

カケホ割60とは

<特典>
基本料金から1000円を永年割引

<適用条件>
60歳以上の契約者が対象機種(BASIO3 KYV43、LG it LGV36)の購入を伴う新規契約、または機種変更の手続きと同時に「auピタットプラン(カケホ)」に加入することが条件となります。

BASIO3 LG it
ピタットプラン(カケホ) 4480円(1GBまで)
スマートバリュー ▲500円×永年
スマホ応援割 ▲1000円×1年間
カケホ割60 ▲1000円×永年
機種分割 2070円×24回 450円×24回
合計 4050円 2430円

※機種代金以外は税抜きです

電話かけ放題のプラン「カケホ」で適用できるので、通話がメインでデータ通信量の少なめの方にはぴったりです。

機種はベイシオ3かLG itには限定されるが長期的に割引を適用できるのは大きい。シニア向けのBASIO3、低料金で維持できる安価な機種をお探しの方にはLG itがおすすめです。

ケータイauスマホ割とカケホ割60の併用も可能

両方のキャンペーンを適用するには、

・契約者が60歳以上
・3GケータイからBASIO3かLG itに機種変更か他社から乗り換える
・auピタットプランのカケホに加入する

以上を満たす必要があり、限られた方のみにはなってしまいますが、現在ガラケーを使っているお年寄りの方もまだ少なくないはず。そういった方々は両方できる条件は揃っていまる場合が多いです。

実際に両方のキャンペーンを使って、機種を分割24回で買った場合は下記の料金になります。

BASIO3 LG it
ピタットプラン(カケホ) 4480円(1GBまで)
スマートバリュー ▲500円×永年
スマホ応援割 ▲1000円×1年間
ケータイauスマホ割 ▲1000円×1年間
カケホ割60 ▲1000円×永年
機種分割 2070円×24回 450円×24回
合計 3050円 1430円

長期的に利用すると考えている方は、分割48回にしてといいと思います。そうすると、月あたりの本体の負担が、BASIO3は2070円が1035円になるので2000円ほどで維持できる計算になります。LG itはもともと安いので数百円しかかわらないが1000円強で利用可能。

参考:「ケータイ→auスマホ割」と「カケホ割60」の提供開始について|KDDIニュースリリース

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。