iPhoneに保存した写真や動画を隠したい!非表示設定のやり方【iOS14、iPadOS14】

iPhoneやiPadの写真アプリに保存している写真や動画の中に隠しておきたいデータはないでしょうか?

そんな時に便利なのが非表示の機能です。写真アプリに入っている隠したいデータを選んで非表示アルバムに入れておけば、ライブラリや他のアルバムには表示されなくなります。

設定には特別なアプリも必要なく、写真アプリの標準搭載されている機能を使うだけです。写真アプリのデータを簡単に隠せます。人に見られたくないデータがある方は是非使ってみてください。

この記事では、iPhoneの写真アプリに保存している写真や動画などのデータを非表示にする設定方法について解説していきます。

写真アプリの非表示設定について

iPhoneのカメラで撮影した写真や動画、スクリーンショットやダウンロードした画像などのデータは写真アプリに保存されます。

これらのデータを写真アプリ上から見えなくするには「非表示アルバム」に写真を移動させる事で保存したデータをライブラリや他のアルバムからは見えなくできます。

移動させたデータは、非表示アルバムからいつでも閲覧可能です。

そして、iOS14、iPadOS14のバージョンでは、非表示アルバムそのものを非表示にできます。iOS13、iPadOS13未満のバージョンでは、非表示アルバムは写真アプリから消せません。

これにより非表示にしたデータを間違えて開くのを防止できるほか、他人からも見つけられにくくなります。

写真アプリのデータを非表示する手順

写真アプリに保存している写真や動画のデータを非表示にするには、非表示アルバムに好きなデータを選んで移動させます。

  1. 写真アプリを開きます。
  2. アルバムやライブラリを開きます。
  3. 右上の【選択】をタップして非表示にしたい写真や動画を選択します。
  4. 左下の【共有ボタン】⇒【非表示】⇒【写真を非表示】の順にタップします。
非表示アルバムへ移動

以上で非表示アルバムに移動しました。ライブラリや他のアルバムから非表示にしたデータは見えなくなっています。

非表示アルバムはどこ?見方は?

非表示にしたデータは、表面上見えなくなっていますが、データ自体はiPhone内に残っており、非表示アルバムに入っています。

非表示アルバムは下記の手順でいつでも見れます。

  1. 写真アプリの【アルバム】タブを開きます。
  2. 下にスクロールしたところにある【非表示】をタップします。
非表示アルバムを見る

以上で非表示アルバムを開けます。

非表示アルバムを隠したい場合

非表示アルバムそのものを隠したい場合は、設定アプリから設定を行います。

  1. 設定アプリを開きます。
  2. 【写真】をタップします。
  3. 「“非表示”アルバム」のスイッチをオフにします。
非表示アルバムを隠す

以上で写真アプリの非表示アルバムが表示しなくなりました。

下の画像の右側が「非表示フォルダ」を設定から隠した状態です。

非表示フォルダを非表示

再び表示させたい場合は「“非表示”アルバム」のスイッチをオンに切り替えてください。

写真を再表示させたい

非表示にしたデータをもとに戻したい場合には、非表示アルバムを開いて再表示させるだけです。

  1. 写真アプリの【アルバム】タブを開きます。
  2. 【非表示アルバム】を開きます。
  3. 再表示させたい写真を選択し【共有ボタン】⇒【再表示】の順にタップします。
再表示する

※動作確認環境:iPhone 11 Pro(iOS14.0.1)、iPad Air2(iPadOS14、iOS12)、iPhone X(iOS13.7)

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。