iPhone間のデータ移行(パソコンなし・iCloud・AirDrop使用)条件指定

iPhone6s(iOS10.3.2)からiPhone8 Plus(iOS11.0)に機種変更した際にデータ移行した操作手順を紹介します。全てが同じ条件ということは少ないと思いますが、機種変更時のデータ引き継ぎのご参考になれば幸いです。

データ移行の条件

移したいデータ
・連絡先
・LINEアプリのデータ(友だち情報やトーク履歴など)
・LINEゲームのデータ(ツムツム、タンタンなど)
・その他ダウンロード済みのアプリ(データ不要)
・写真・ビデオ

環境・条件
・パソコンなし
・データ移行用のアプリはダウンロードしない
・WI-Fi環境あり
・iCloudは5GB(無料)を使用

旧端末での操作:データ移行の準備(バックアップ)

①LINEのメールアドレスとパスワードを設定
LINEアプリ内の【…】⇒【歯車のマーク(設定)】⇒【アカウント】⇒【メールアドレス】より設定します。設定済みでパスワードを忘れてる場合は再設定しておきましょう。

②LINEのトーク履歴をバックアップする(iCloud Driveを使用)
【設定】⇒【Apple ID(自分の名前)】⇒【iCloud】⇒iCloud Driveをオンにする。次にLINEアプリを開いて接続できていることを確認します。LINEアプリ起動⇒【…】⇒【歯車のマーク(設定)】⇒【トーク】⇒【トークのバックアップ】でiCloudに接続できていることを確認します。

③iCloudに連絡先を同期
【設定】⇒【Apple ID(自分の名前)】⇒【iCloud】⇒連絡先をオンにする
※連絡先アプリのグループを見て同期できているか確認

④iCloudにバックアップする
【設定】⇒【Apple ID(自分の名前)】⇒【iCloud】⇒【iCloudバックアップ】⇒iCloudバックアップをオンにします。

次にバックアップするデータの選択を行います。写真・ビデオのデータが多すぎてiCloud(5GB)にバックアップできなかったので写真・ビデオはバックアップしないように設定しました。
【設定】⇒【Apple ID(自分の名前)】⇒【iCloud】⇒【ストレージを管理】⇒バックアップの項目から今回バックアップするデータを選択⇒【フォトライブラリ】をオフにする。これで「写真・ビデオ」がiCloudにバックアップされなくなりました。

準備できたらバックアップを行います。
【設定】⇒【Apple ID(自分の名前)】⇒【iCloud】⇒【iCloudバックアップ】⇒【今すぐバックアップを作成】

ここまでできたら、連絡先OK、LINEアプリOK、LINEゲームはLINEアカウントに紐づくのでOK、ダウンロード済みアプリもiCloudでOKです。

写真・ビデオは「AirDrop」であとから移します。

新端末での操作:データ移行する(引き継ぎ)

①iPhoneの初期設定とiCloud復元
新しいiPhoneにSIMカードを入れて電源を入れると初期設定画面が表示します。「言語」「キーボード」「Wi-Fi」と設定を進めていきます。「Appとデータ」で【iCloudバックアップから復元】を選択してApple IDとパスワードを入力して、旧端末でバックアップしたデータを復元します。

②初期設定が完了すると自動的に「ダウンロード済みアプリ」がインストールされます。連絡先も移っているので確認しておきましょう。

③LINEアプリのインストールが済んだら、アプリを起動させて電話番号を入力して認証します。これで、友だち情報やトーク履歴の復元が完了。

④LINEゲームも同じLINEアカウントでログインすれば引き続き以前のセーブデータでプレイできます。

⑤あとは、写真とビデオをAirDropで移せば作業完了です。

AirDropの使い方
同時に新端末と旧端末の両方で操作を行います。

<新端末での操作>
【設定】⇒【一般】⇒【AirDrop】⇒【すべての人】に設定します。

<旧端末での操作>
写真アプリ起動⇒アルバム⇒選択⇒移したい写真を選択⇒左下の共有ボタンを押してAirDropを押して新端末の名前を選択すれば転送が始まります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。