iPhoneの標準「カメラ」アプリでQRコードの読み取り方。機能しない原因と対策

iOS11より、iPhone購入当初から用意されている「カメラ」のアプリにQRコードリーダーの機能が追加され他のアプリを利用しなくても簡単にQRコードの読み取りを行うことができるようになっています。

このページでは、iPhoneのカメラアプリを利用して「QRコード」を読み取る方法とQRコードリーダーが機能しない時の対処法を紹介します。

iPhoneでQRコードを読み取るために

iPhoneのiOS10以前のバージョンでは標準でバーコードリーダーを行える機能が搭載されていなかったため、別途専用アプリやQRコードリーダーの機能が付属したアプリを利用する必要がありましたが、iOS11からはその必要がなくなりました。

※iOS10以前を利用している場合は、iOS11より新しいバージョンへアップデートが必要です。

QRコードを読み取るだけで、サイトにすぐにアクセスできるようになってします。QRコードは各公式サイトをはじめ、広告などにも載っていることがよくあります。LINEの友だち登録もQRコードを利用して追加することが可能。

カメラアプリのQRコードリーダー機能の使い方

使い方は至ってシンプルでカメラアプリを起動させて、目的のQRコードを画面内に合わせるだけでQRコードに設定されている”リンク”が画面上部に表示します。”リンク”をタップすればそのページを開くことができます。(リンク:”ploom.jp”をSafariで開く)

うまく読み取らない時は、画面に写ったQRコードをタップしてピントを合わせてみましょう

ここでは、試しにプルームテックのポイントを追加用QRコードを読み取ってみましたが、問題なく読み取りに成功しました。

機能しない時は設定を確認

iOS11にアップデート後、通常はQRコードの読み取り機能はONになっていますがオフになっていると機能しません。設定を確認して見てください。

■操作手順
【設定】⇒【カメラ】⇒【QRコードをスキャン】のスイッチをオンにする

設定できているのに読み取りできない場合は、うまくQRコードを合わせていない状態あるいは一時的な不具合が考えられます。

・iPhoneの再起動
・読み取りは水平に適度なサイズにしてピントを合わせる

QRコードが斜めになったり、小さくならないようにうまく画面に表示させてください。

3 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。