iPhone「スクリーンタイムパスコード」がわからない、忘れた場合の対処方法(iOS12アップデート後)

iOS12の新機能として追加された「スクリーンタイム」ですが、設定しようとしたところ「スクリーンタイム・パスコード」の入力を求めらるが、パスコードがわからない、スクリーンタイムパスコードって何?設定した覚えがない、iOS12にアプデしたらはじめから設定されていることになっているなど、困っているユーザーが続出しています。

この記事では、スクリーンタイムパスコードとは何なのか解除するにはどうすればいいのかについて解説していきます。お困りの方はぜひ参考にしてみてください。意外と簡単なことで解決できるかもしれません。

スクリーンタイムパスコードとは

スクリーンタイムの設定・変更時に必要になる4桁のパスコードです。スクリーンタイムにより、使用制限を解除する場合にも設定している場合は、入力が必要になります。

スクリーンタイムパスコードが求められるのは、スクリーンタイムの設定内で使用するように設定している場合です。

次項で詳しく紹介していますが、iOS11以前のバージョンでいう機能制限パスコードがスクリーンタイムパスコードです。画面ロックの解除などで求められるパスコードとは別物です。別物ですが同じ数字を設定することはできます。

スクリーンタイムパスコードを使用するのは、間違って設定を変更してしまうのを防止したり、お子様に利用させる際にも役立ちます。例えば、お子様のiPhoneの使用時間を制限したり、不適切なサイトにアクセスできないように設定した際に保護者の許可なく変更できなくできます。

スクリーンタイムパスコードなんて設定していないという方

スクリーンタイムパスコードは、iOS11以前からある機能で「機能制限」というものがありました。iOS12では、機能制限という設定項目はなくなり、スクリーンタイム内の設定で同じようなことができるようになっています。

iOS11以前に設定した「機能制限パスコード」がiOS12の「スクリーンタイムパスコード」の初期パスワードとなっています。ということは、機能制限パスコードを覚えていれば、スクリーンタイムパスコードを解除できるということです。覚えている方は試してみてください。

未成年の方、あるいは未成年の時に初めてiPhoneを購入した方でしたら、保護者の方が機能制限(年齢制限など)を行っている可能性もあります。

iOS12でスクリーンタイムの設定を変更しようとした際などに設定していないのに「スクリーンタイムパスコード」が求められるのは、iOS11以前のバージョンの時に機能制限パスコードを設定していた方です。iOS11以前のバージョンで機能制限パスコードを設定していない方はiOS12にアップデートしても設定しなければ「スクリーンタイムパスコード」は求められません。

機能制限なんて使った記憶がないという方もいると思いますが、機能制限自体、画面ロック時のパスコードのように頻繁に入力する機会もないので忘れている方も少なくないと思います。

スクリーンタイムパスコードがわからない場合

スクリーンタイムパスコード(機能制限パスコード)がわかなくなってしまった場合は、思い当たる数字を入れて当てるか、端末を初期化するかになります。

初期化するとなるとデータも消えるので、バックアップや復元などの作業が必要になるので、まずは思い当たる数字を入れてください。何度も間違えると「〇分後に入力してください」と入力制限がかかり、間違え続けると、段々入力待ちの時間が増えていきます。可能性の高そうな数字を優先し、それらしい数字があるなら何度も試してみると良いです。

はじめてのスクリーンタイム(機能制限)の設定時に、勘違いして「契約時の暗証番号」や「画面ロックのパスコード」「キャリア毎の初期ロックナンバー(1234や0000など)」を間違えてしているかもしれないので、この辺りも怪しいかもしれません。

未成年の時にiPhoneを初めて購入した方は、保護者の方が機能制限パスコードを設定していないかも聞いておきましょう。機能制限の設定で不適切なアプリを使えないように年齢制限をしていたり、App課金などの制限を行っている可能性もあります。

端末を初期化する

スクリーンタイムパスコードに何を入力しても解除できないという場合は、端末(iPhoneやiPadなど)を初期化することになります。

iPhoneやiPadを初期化して、機能制限パスコードが設定されていなかった初期の状態にします。もちろん、初期化するので、端末に保存しているデータがすべて消えてしまいます。

初期化する前に、必要なデータはバックアップを行い、復元しなければなりません。iCloudやiTunesでiPhoneをバックアップして復元して、設定そのものを復元してしまう機能制限していた情報までが復元されてしまうので、バックアップは必要なデータを個別に取る(設定のバックアップ・復元をしない)ようにしなければなりません。

連絡先はGoogle連絡先などでバックアップ、LINEやゲームはアカウント引継ぎ、写真や動画はパソコンに移動させる、などバックアップ方法は何でもいいのですが、初期化前に必要なデータはバックアップをしておいてください。

通常であれば、iPhoneの設定から「すべての設定をリセット(※1)」で解決する内容なのですが、実行するためには、機能制限パスコードの入力を求められるのでこの方法ではできません。

※1:【設定】⇒【一般】⇒【リセット】⇒【すべての設定をリセット】

機能制限パスコードがわからないので、強制的に初期化します。一般的によく使われるのは「リカバリモード」による初期化です。

リカバリーモードで初期化する

※端末のデータは全て消えます。必要なデータはバックアップしたのちに行ってください。

※iTunesがインストールされたパソコン、パソコンとiPhoneを接続するケーブル必要になります。

①iPhoneをリカバリモードにします。

リカバリーモード

※リカバリーモードになると、iPhoneの画面に「iTunesのロゴとケーブル」が表示します。

機種によって操作が異なるので該当する機種の操作を行ってください。下記の手順で再起動が行われ、Appleのロゴが表示し、iTunesのロゴ(リカバリモード)になります。iTunesのロゴが出るまで長押しし続けてください。

■iPhoneXS、XS Max、XR、X、8、8 Plus:左側面の【音量上げるボタン】⇒【音量下げるボタン】を順に押す、次にリカバリーモードの画面が表示するまで【サイドボタン】を押し続ける

■iPhone7、7 Plus:【サイドボタン】と【音量下げるボタン】を同時に長押し。リカバリーモードになったら指を離す。

■iPhone6sシリーズ以前のモデル:【ホームボタン】と【電源ボタン】を同時に長押し。リカバリーモードになったら指を離す。

②リカバリーモードのiPhoneとPCをケーブルで接続してiTunes(パソコンで)を起動させます。復元またはアップデートのメッセージが出たら復元を押してください。しばらく待ってください。

③iPhoneが初期化されたら、iPhoneの初期設定を行っていきます。初期設定の途中にある「Appとデータ(復元画面)」は、「新しいiPhoneとして設定」を選んでください。iCloudやiTunesバックアップから復元しないでください。先ほど説明した通り、設定が復元されると、わからなくなった機能制限パスコードの設定まで復元されてしまいます。

iPhoneの初期設定ができたら、バックアップをした必要なデータの復元をすれば完了です。

ここまでできたら、スクリーンタイムパスコードを新しく設定できるようになっているはずです。スクリーンタイムパスコードを設定したら、今後は忘れないようにメモするなどして大切に保管しておきましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。