YouTube、誰が評価したかバレるの?通知される?低評価、高評価を取り消したい場合は?

YouTubeには、動画やコメントに対して高評価、低評価することができますが、評価していることは、そのチャンネルの動画配信者はわかるのか、見られているのか、と気になったことはないでしょうか?

このページでは、評価したことがバレるのか?通知されるのか?と間違えて評価してしまったときに役に立つ取り消しのやり方についてご紹介します。

YouTubeの高評価と低評価について

YouTubeには、投稿されている動画やコメントに対して、高評価、低評価ができる機能が導入されています。

YouTubeの動画を視聴して面白かったという気持ちを配信者に伝える手段として、コメントするというのも一つの方法で、もっと気軽にするのであれば高評価するというのが手軽です。その逆で期待外れだったなら低評価。

配信者にとっては低評価が必ずマイナスというわけでもなく、動画の反応を少なからずチェックしているものですので視聴者に評価してもらうことはとても重要なことです。

評価の付け方は人それぞれですが、動画が面白かったら高評価、面白くなかったら低評価、コメントに共感したら高評価、反対なら低評価という感覚でいいと思います。

違反コンテンツなどについては、低評価ではなく報告しておきましょう。問題がある動画やコメントであれば削除されるなどの処理されます。

高評価、低評価する

左側が高評価。右側が低評価のボタンです。

YouTube高評価と低評価

動画に評価をする

動画タイトルの下にあるので、その動画に対する評価。数字が書いてあるのは評価された数です。評価ボタンの下に数字が表示していないもの(高評価・低評価だけ記載)もありますが、それは投稿者が評価数を非表示に設定しているためです。

高評価を付けた動画に限り、高く評価した動画という名前の再生リストに追加されます。

YouTubeアプリの【ライブラリ】タブ⇒再生リストの欄の【高く評価した動画】より視聴できます。

コメントに評価をする

各コメントの下にある評価ボタンから高・低評価ができます。コメントは低評価に対してのカウントは表示されず、高評価のみが何件ついているのか確認できるようになっています。

コメント評価

高評価、低評価を取り消したい

間違えて高評価してしまったり、画面をスクロールしている途中で低評価ボタンに当たってしまったなど、評価するつもりもないのに意図せずボタンを押してしまったときにキャンセルしたいことがあると思います。

取り消すのは、とても簡単で評価したボタンをもう一度押すだけです。

例えば、低評価を入れてしまったのなら、もう一度低評価ボタンを押してみてください。評価している状態ではボタンが青色になっていますが、もう一度タップすることで灰色に戻ります。取り消すのはこれだけ!

では、画像で見てみましょう。高評価をした状態は、次の画像のように高評価ボタンが青色に、もう一度タップすると灰色になって取り消せます。

評価取り消し

動画やコメントを見ていると、評価ボタンを押してしまうこともあるかもしれないので覚えておくと便利ですよ!

評価したことは投稿者にバレるのか

評価のカウント自体は、投稿者にわかりますが、誰が、どのアカウントが高評価して低評価をしているのかというのは、動画投稿者の管理画面でも確認できません。

高く評価した動画というリストが自分のアカウントに作成されます。この高く評価した動画をマイチャンネルで公開している場合で動画投稿者が自分のチャンネルを見て発見されるということは考えられます。高評価したことがばれて困ることもあまりないと思いますし、バレるとすれば、この可能性の低いパターンくらいで基本的にはわかりません。

同じくコメントに対しての評価も相手側に誰からの評価なのかというのはわからなくなっています。

評価すると相手に通知される?

自分のコメントが高評価された場合、通知できるように設定できます。

YouTubeアプリを起動させて、右上の【自分のアイコン】⇒【設定】⇒【通知】⇒「自分のコメントに対するアップデート」をオンにしていると通知が届きます。

YouTubeコメントアップデートの通知

これは、高評価がついたとき、Pintrestで共有、ハートが付いたときのいずれかで通知されます。

高評価されたときは「高評価が付けられました」と通知が入ります。低評価については通知は届きません。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。