ワイモバイルの夏モデル『DIGNO E』が登場、濡れた手や手袋でも操作可能

Y!mobileは、2016年夏モデルに耐衝撃・防水・防じんに対応し、濡れた手や手袋をつけた手でも操作が可能な京セラ製のスマホ『DIGNO E(ディグノ イー)』を6月上旬に発売することを発表しました。

濡れた手、手袋で操作ができるDIGNO E

DIGNO Eの最大の特徴は、水にぬれた手や手袋をつけた状態でのタッチ操作が可能なディスプレイを搭載。通常は、水にぬれた指で操作することができず、画面が正常に動作しないが、DIGNO Eは濡れた状態での操作を可能とする。そして、DIGONOシリーズの強みであるあらゆるなシーンで安心して利用できる、防水・防じん・防水に対応した安心のスマホ。

DIGNOお馴染み、初心者が使いやすい仕様になっています。従来のケータイの操作性に近い『かんたんビギナーホーム』、操作が簡単な『ケータイ入力』モードを搭載。はじめて、スマホを利用する方に適したスマートフォンとなっています。

液晶画面は5インチディスプレイ。現在日本で販売されているスマホの標準サイズと言える大きさ。カメラは安定のバックカメラ800万画素/フロントカメラ500万画素。

スマホの動作に関係する、CPUはMSM8916 クアッドコア(1.2GHz×4)、RAMは2GB。データの保存容量は16GBのストレージを備える。Sは、現在最新のAndroid 6.0 Marshmallowを採用。バッテリー2300mAh。

DIGNO Eがおすすめなユーザーは、スマホ初心者もしくは、ライトユーザー向けのスマートフォンで使い勝手の良い機種です。快適な動作をご希望の場合は、他機種をおすすめします。

Y!mobile、ぬれた手や手袋を着けた手でも操作が可能な スマートフォン「DIGNO® E」を発売

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。