au夏モデル発表会第2弾でシニア向け機種BASIO2とかんたんケータイKYF32を発表

auは2016夏モデル発表会第2弾『au発表会 2016 Summer Vol.2』を7月28日に行いました。今回発表した機種は、シニア向けの『BASIO2(ベイシオ2)』と『かんたんケータイ KYF32』の2機種です。新機種の本体価格や特長、発売日についてそれぞれご紹介します。

かんたんケータイKYF32

京セラ製『かんたんケータイKYF32』は、auの簡単ケータイで初めて『au VoLTE』に対応し、高音質な通話が可能になっています。ディスプレイは簡単ケータイシリーズ最大の3.4インチの大画面で、簡単ケータイK012よりも大きなボタンで、操作しやすく、使いやすい機種になっています。カラーバリエーションはゴールド、ブルー、ピンクの3色。京セラ独自機種であるスマートソニックレシーバーにも対応し相手の声が聞き取りやすく、音質の調整ができる『聞こえ調整』を搭載。かんたんケータイシリーズ4年ぶりの発売となる。

発売予定日は7月30日としており、予約受付も行っている。auオンラインショップでの本体価格は、MNP・新規は32400円、毎月割が▲21600で実質負担金10800円となる。機種変更は、本体価格は同額で、毎月割が▲10800円で実質負担金21600円となります。

BASIO2

前モデルのBASIOは京セラ製でしたが、今回はシャープ製『BASIO2』。BASIO2専用のホーム画面は、大きなアイコンや文字で見やすく操作しやすい仕様。小さくみにくい部分は、拡大鏡機能でかんたんに拡大できます。ディスプレイは5インチ、カメラ1310万画素、インカメ500万画素。バッテリー容量2810mAh、OSはAndroid6.0を搭載している。

ゴールド、ネイビー、プラムの3色。発売は8月5日予定となっており、本体価格については不明(7月28日時点)。

KDDI ニュースリリース BASIO2
KDDI ニュースリリース かんたんケータイ KYF32

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。