ツイッターの動画が見れない!再生できない原因と対処方法

Twitterに投稿されている動画が再生されない、表示しないなどで見られなかったという経験はないでしょうか?

ツイッターを頻繁に利用する私は、よく動画が見られないことがあります。

例えば、エラー出て動画を見られなかったり、固まってスムーズに再生されなかったり、と同じ動画が見られないと言ってもさまざまなパターンがあります。

最近、私の環境でよくあるのは、Twitterアプリで「pic.twitter.com/○○○」とあり、画像か動画が表示するだろうとタップしてみるも、同じ投稿の画面が繰り返し表示するだけで、動画が再生されない、表示しない事がよくあります。

このページでは、ツイッターの動画が再生されない場合に、試していただきたい対処方法をご紹介しています。あらゆるパターンに改善を期待できますので、是非参考にしてみてください。

動画が見られない、再生できない場合に考えられる原因や対処方法

Twitterの動画が見られない、再生できない原因として、一時的な不具合もあれば、利用環境に問題がある場合など、さまざまな可能性が考えられます。

下記では、考えられる原因や解決する可能性がある対処方法についてご紹介していきます。

一時的な不具合の場合は再起動

いつもは、正常に再生できていた動画が急に見られなくなっている場合などは、アプリやスマホに何らかのトラブルが発生し、一時的に不具合を起こしている可能性があります。

自分のスマホで起きている一時的な不具合の場合は、スマホの再起動(電源を切ってから入れなおす)やアプリの再起動で解決する場合が多いです。

アプリに溜まったキャッシュを削除する事でも改善の可能性があります。

Androidスマホのキャッシュ削除のやり方

アプリを最新バージョンにアップデートする

Twitterアプリ上で動画が再生できないのであれば、使用しているTwitterアプリのバージョンで不具合が起きている可能性があります。

古いバージョンになっている場合は、最新バージョンにアップデートしてから、動画が見れるか試してみてください。アプリの不具合などが原因であれば、アップデートで改善を期待できます。

AndroidはPlayストア、iPhoneはApp Storeでアップデートできます。詳しい操作方法は下記リンク先の記事を参考にしてみてください。すぐにアップデートしたい場合は手動アップデートを行ってください。

【App Store&Google Playストア】アプリの手動・自動アップデートの設定のやり方

サポートされていない動画が投稿されている場合

動画をアップロードする投稿者側に問題がある可能性もあります。ツイッターでは、投稿できる動画形式やファイルサイズ、動画の時間の長さなどが決まっています。

ブラウザから閲覧するWEB版Twitterとスマホアプリで対応している動画形式は異なります。

アプリ版はMP4とMOV、WEB版はMP4(H264形式、AACオーディオ)をサポートしています。動画サイズは最大512MBまで。時間は2分20秒以内を推奨しています。

サポートされてない動画は、環境によって正常に再生できない可能性があります。

回線速度が遅い、通信環境が悪い場合

回線速度が遅い環境の場合、動画を読み込むのに時間がかかったり、スムーズに再生できなかったりする事があります。

電波状況が悪い場合や回線速度が遅い環境の場合は、通信環境の整った場所で動画を再生できるか試してみましょう。

動画を高画質再生する設定にしている場合は、高画質設定をオフにする事で容量を少なくして再生する事が可能です。あるいは、データセーバーを有効にする事で動画を軽くできます。設定手順は下記の通りです。

<Twitterアプリ(iOS版))>

  1. 左上の【自分のプロフィールアイコン】をタップします。
  2. 【設定とプライバシー】⇒【データ利用の設定】の順にタップします。
  3. 「データセーバー」のスイッチをオンにします。または高画質動画の設定をオフにします。
ツイッターアプリの高画質動画の設定

※動作確認:Twitterアプリ バージョン8.2.5(iOS版)

<Twitter(WEB版))>

  1. WEB版Twitter】にログインします(ブラウザで開く)
  2. 左上のプロフィールアイコンをタップします。
  3. 「データセーバー」のスイッチをオンにします。(または【設定とプライバシー】⇒【データ通信量】⇒データセーバーにチェックを入れて有効にします)
データセーバー

サーバー・システム上で不具合が起きている場合

ツイッターのサーバー側で起きている障害やシステムの不具合が原因になっている事も考えられます。

この場合は、自分だけでなく、自分以外の多くのユーザーも同じ不具合が起きています。他のユーザーも同じように動画が見られないようでしたら、ツイッター全体で起きている問題の可能性が高いです。Twitter公式からのアナウンスも確認してみましょう。

この場合は、個人で何かして解決できないので、運営側の対処をしばらく待つようにしましょう。

動画以外のツイートが見れない場合

ここまで、投稿された動画が再生できない場合について対処方法などをご紹介してきましたが、動画以外の投稿も見られなくなっている場合があります。

そのひとつに「センシティブな内容を含む可能性がある」とのメッセージが表示し、内容が見れなくなっているというものです。

この場合は、設定を変更する事で解決できる可能性が高いです。次のリンク先の記事を参考に設定を確認して見て下さい。

Twitterの投稿が見れない!センシティブな内容を含む可能性があるツイートを表示する設定手順

1 個のコメント

  • 私もツイッターアプリから動画が開きませんでした。WEB版を使ったら、見れました!ありがとうございました!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。