Twitter、夜間モードをオンにする操作手順、Android、iOS

Twitter公式アプリが夜間モードの機能を追加しました。夜間モードに切り替えると、画面全体のカラーを暗色メインに反転し、夜間の利用に適した色に変わり、見やすくなり、目の疲れを軽減する。iOS版は、8月22日より対応、Android版は、7月27日から対応している。両OSでの夜間モードの使い方をご紹介します。

※6月16日、TwitterアプリVer.7.0で実装された新UIでの操作手順を追記しました。

iOS版ツイッター操作手順

①ツイッターアプリを起動します

②プロフォールをタップします

③設定アイコン(歯車のマーク)をタップします

④夜間モードをオンにするをタップします

以上で夜間モードに切り替わります。

iOS版ツイッター

Android版ツイッター操作手順
①ツイッターアプリを起動します

②左上のメニューボタンをタップします
※ホームと書いてある文字の左側

③夜間モードをオンにする

以上で夜間モードに切り替わります。

Android版ツイッター

夜間モードの切り替えボタンが表示されない場合

ツイッターアプリが最新バージョンにアップデートされているか確認し、旧バージョンの方は、App StoreおよびPlayストアよりアップデートをします。

アップデート後も表示されない場合は、アプリを停止させてから、再度ツイッターアプリを起動させて行ってください。それでも表示されてなければ、スマホの電源の再起動、ツイッターアカウントの再ログインを試してみて下さい。

<2017年6月16日追記>
・Twitterアプリ:Ver.7.0以降の新UI
ツイッターアプリから自分のアイコンをタップすると、下の画像のようなメニューが表示します。左下の【月のマーク】が夜間モードのスイッチになっています。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。