スマホをWi-Fiに接続すると遅くなる、重くなる原因と対処方法

回線速度の速いはずのWi-Fiに接続しても、なぜか通信速度が遅いことがあります。

時には、モバイルデータ通信でインターネットに繋いでいる時よりも遅かったり、重かったりする場合もあります。

理由は、Wi-Fiの電波状態が不安定であったり、同時接続台数が多くなりすぎて遅くなったりとさまざまです。

このページでは、Wi-Fiの通信速度が遅い、重い場合の原因と対処方法をご紹介します。

原因を調べる

最初にWi-Fiが遅くなっている原因がどこにあるか調べる必要があります。

  • 接続しているスマホやタブレット、PCなどのデバイス
  • Wi-Fiルーターやモデムなどの機器
  • 契約中のインターネット事業者

大抵は、以上のいずれかが原因となり発生している問題です。

Wi-Fiに接続しているデバイス全てが遅い場合は、Wi-Fiルーターやモデム、インターネット事業者が問題であることがわかります。

特定の1台のスマホだけ通信速度が遅い場合は、そのスマホに原因がある可能性が高いです。

Wi-Fiが遅い・重い時の主な原因と対処方法

Wi-Fiの電波が弱い

Wi-Fiの電波を確認して見て下さい。ルーターから離れすぎていたり、場所によっては電波をうまく受信できない場合があります。出来るだけルーターの近くなど、Wi-Fiの信号が強い場所に移動して改善するか試してみてください。

または、ご自身のWi-Fiルーターでしたら、電波が広範囲に飛ぶルーターに変えたり、中継機を設置することで電波を強くすることが環境を整えることができます。

【障壁により電波が弱い】
金属は電波を妨害する可能性が高いです。家が金属で作られていることで電波が届きづらいことがよくあります。

電波を妨げる可能性があるのは、木が低く、金属が高い。
木<レンガ<コンクリート<金属

Wi-Fiに接続しているデバイスが多い

1台のWi-Fiルーターに接続している台数が多ければ、通信速度は低下します。

自宅で利用していると、スマホやパソコン、ゲーム機などを接続したり、家族みんな接続していたりすると同時接続台数がどうしても増えてしまうものです。さらに、高画質動画の視聴や大容量のデータをダウンロードするなど、大容量通信を同時にすると大幅に速度低下することもあります。

使用していない端末は、Wi-Fiをオフにして通信しないようにしておくことをおすすめします。

モバイルWi-Fiルーターが速度制限にかかっている

モバイルWi-Fiルーターやホームルーターなど、データ容量に制限があるWi-Fiルーターを使っている場合は、通信速度制限にかかる場合があります。

WiMAXの契約も月間データ容量の制限は設けられていませんが、直近3日間に10GB使用すると制限されます。他には1日単位で制限するルーターもあります。

お金をかけずに利用したい場合は、速度制限が解除されるのを待つことになります。

すぐに利用したい場合は、データ容量の追加。容量を増やしたい場合は、契約プランの変更を検討する必要があります。あるいは、WiFiルーターを無制限のものに変えたり、光回線の契約もおすすめです。

Wi-Fiルーターやモデムが不安定、不具合を起こしている

一時的な不具合を起こしている場合は、ルーターとモデムをそれぞれ電源を切って再起動をかけることで改善することがよくあります。

電源を切ってすぐに入れなおすのではなく、電源を切った状態で数分間待ってから電源を入れるのがおすすめです。

スマホが不安定、不具合を起こしている

スマホの状態が悪くなっている事も想定されます。

Wi-Fiの接続を一度切ってから再接続してみましょう。改善しない場合は、スマホの再起動をためしてみてください。

通信で干渉が起きている

あまりありませんが、電波干渉を起こすことも考えられます。

近くに電子レンジやワイヤレススピーカー、Bluetoothなどの通信を妨げるような機器がある場合は電源を切って試してみましょう。スマホとBluetooth機器を繋いでいる方はOFFにしてみてください。

周波数帯を変更する

接続しているWi-Fiのの周波数帯を変更してみることで通信状態が改善する場合があります。

例えば、2.4GHz帯を利用している場合は、5GHz帯に接続したりして試してください。多くのWi-Fiルーターには、SSID別に周波数帯が決まっています。Wi-Fiルーターを見て、別のSSIDがないか確認してみてください。

契約しているインターネットに通信障害など問題が発生

契約中のインターネット事業者で障害などが起きていないか確認してください。障害が起きている場合は、インターネットそのものに繋がらなかったり、極端に速度が遅かったりします。

契約中の事業者の公式サイトやツイッターアカウントなどで障害情報が発信されてないか確認してください。範囲が狭い場合、公式サイトなどで掲載されないこともあるため、直接電話で調べてもらうのもおすすめです。

あるいは、障害が起きているとツイッターでつぶやく人も多いため、ツイッターで調べてみるのもおすすめです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。