スマホをWi-Fiに接続すると遅くなる、重くなる原因と対処方法

スマホを快適に通信を行う為に、Wi-Fi接続してインターネットを閲覧しようとしても、モバイルデータ通信でインターネットに繋いでいる時よりも通信が遅くなったり、重くなったりしてしまうことがあります。このページでは、Wi-Fiの通信が遅い、重い時の原因と対処方法をご紹介します。

Wi-Fiが遅い・重い時の主な原因と対処方法

Wi-Fiの電波が弱い
⇒出来るだけルーターの近くで使用して、Wi-Fiの信号が強い状態で通信するようにしよう。自宅で使用する際、Wi-Fiルーターから離れた場所だと、電波が弱いことがあります。電波が広範囲に飛ぶルーターに変えたり、中継機を設置することで電波を強くすることが可能です。

【障壁により電波が弱い】
金属は電波を妨害する可能性が高いです。家が金属で作られていることで電波が届きづらいことがよくあります。

電波を妨げる可能性があるのは、木が低く、金属が高い。
木<レンガ<コンクリート<金属

Wi-Fiに接続しているデバイスが多い
⇒ひとつのWi-Fiにスマホやパソコン、ゲーム機などたくさんのデバイスを接続すると通信速度が低下します。使用していないデバイスはWi-Fiを切っておこう。複数のアクセスポイントが使えるルーターの場合は、ひとつのSSIDに偏らないように、分けて接続するようにしよう。

モバイルWi-Fiルーターが速度制限にかかっている
⇒モバイルWi-Fiルーターの契約がデータ通信量が無制限の契約でない場合、速度制限にかかっている場合があります。月間データ容量の制限が多いが、直近3日間や1日間など日数単位での制限を設ける場合もあります。速度制限が解除されるのを待つか、データ容量の追加、契約プランの変更も検討しよう。

ルーターやモデムが不安定、不具合を起こしている
⇒それぞれ再起動を試してみよう。

スマホが不安定、不具合を起こしている
⇒スマホを再起動してみよう。改善しない場合は、Wi-Fiの接続を一旦切って再接続してみよう。

通信で干渉が起きている
⇒近くに電子レンジやワイヤレススピーカー、Bluetoothなどの通信を妨げるような機器がある場合は電源を切って試してみよう。スマホとBluetooth機器を繋いでいる方はOFFに。

Wi-Fiの周波数帯を変更してみることで改善する可能性があります。(2.4GHz帯を利用している場合は5GHz帯に)

契約しているインターネットに通信障害など問題が発生
⇒契約中のインターネット事業者で障害などの問題が発生していないか確認してみよう。

原因がどこにあるか特定しよう

上記の方法を試しても、問題が解消しない場合は、スマホ、ルーター、モデムなど原因がどこにあるか確認することが大切です。

通信が遅くなるスマホのほかに、同じWi-Fiに他のデバイスを接続した時、通信が遅くならないかチェックしてみよう。他のデバイスの通信速度が遅くならない場合は、スマホ側に問題がある可能性が高いです。

 

 

シェアする