ソフトバンク新規契約月のデータ定額やオプションの料金を日割計算に変更

ソフトバンクは、新規契約時の初月の基本料金において、パケット定額サービスと一部のオプションサービスを日割計算での支払いに変更することを発表しました。ソフトバンクで契約を考えていた方には嬉しいお知らせです。

これまでは、フラット型のパケット定額サービスや一部のオプションサービスは、契約日から締日までの残日数にかかわらずに1か月分の支払いが必要でした。

日割で適用するのは、9月1日を利用期間に含む請求分からとなります。ソフトバンクの支払い締日は、10日、20日、末日の3通りあり、ソフトバンクが新規契約時に指定するようになっています。

・締日が10日の方は8月11日以降の新規契約
・締日が20日の方は8月21日以降の新規契約
・締日が末日の方は9月1日以降の新規契約

以上のタイミングで、日割が適用されます。

今回の発表で変更になるサービスは、データ定額パック小容量、標準、大容量、パケットし放題フラットをはじめスマホやタブレット、Wi-Fiルーターにおけるパケット定額サービス。Wホワイト、24時間通話定額オプションなどのオプションが対象となります。詳しくは、下記リンクのソフトバク公式ページよりご確認ください。

新規契約時の月額料金が日割計算に変更されるとどうなるのか?

具体的に話すと、例えば締日が20日の新規契約者が、15日に契約すると、締日までの利用が5日間になります。この時に、パケット定額サービスをデータ定額パック標準(5GB)=5400円の契約をすると、日割が適用されないと、5日間の利用にも関わらずに5400円支払わなければいけませんでした。

日割が適用されることで、5400円÷30日(1ヶ月)×5日=900円となり、5日間の利用ならデータ定額パック標準(5GB)の料金は、900円だけで済みます。

日割に変更になったことで、新規契約時の条件がかなり良くなります。日割にならない場合、契約日によって初月の支払いの損得がありましたが、日割りならそこまで気にする必要はありません。

ソフトバンク ニュースリリース 新規加入時の月額料金日割変更について

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。