au「2年契約N」対象のスマホ向け新料金プラン!料金内訳などの詳細内容を解説

auの新しい2年契約「2年契約N」の詳細内容と2年契約Nを適用できる新料金プランが発表されました。

スマホ向け、4Gケータイ向け、WiFiルーター向け、ジュニアケータイ向けとそれぞれを対象とした新しいプランが提供されます。

この記事では、2年契約Nの詳細内容とスマホ向けの新料金プランの特徴や料金内訳、割引サービスについて解説していきます。

4Gケータイ、WiFiルーター、ジュニアケータイ向けの新料金プランはこちらの記事で紹介しています。
auの2年契約N対象!4Gケータイ向け、WiFiルーター向け新プランの料金内訳や詳細内容!受付終了プランについて

タブレット向けの新料金プランはこちらの記事で紹介しています。
auのタブレットデータシェアプランとタブレットプラン20の料金内容など詳細内容について

2年契約Nとは?

2年契約Nで契約すると基本料金から毎月170円の割引が適用されます。

その代わりに、2年契約の自動更新となるため、更新月以外でauを解約したり、2年契約Nを廃止すると、違約金として解除料1000円が発生します。

更新月は2年毎に3ヶ月間あります。例えば、2019年9月に契約したら、2年後の2021年9月、10月、11月が更新月になります。

2年契約Nを申し込みできるプランは、次の通りです。

新料金プラン(2年契約N)と提供開始日

2年契約Nを申し込みできるプランとして今回発表されたのは、下記のプランです。

2年契約N対象プラン 提供開始日
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
新auピタットプランN
auピタットプランN(s)
2019年10月1日
auデータMAXプラン Netflixパック 2019年9月13日

auデータMAXプラン Netflixパックについては、先月に発表済みで9月13日より先行して提供されます。詳細は下記リンク先の記事をご覧ください。

auデータMAXプラン Netflixパックとは?料金や割引、通話料などについて解説

スマホ向け新プランの特徴と料金内訳

以下、auデータMAXプラン Netflixパックを除く、新料金プランの料金内訳やサービス内容について解説していきます。

auデータMAXプランPro

データ容量の制限なく、無制限で利用できるプラン。データ通信量の多いヘビーユーザー向けのプランです。

データ容量無制限と言っても、「テザリング、データシェア、国際ローミング」については30GBまでの制限があるのでご利用にはご注意ください。

基本料金 7650円
2年契約N ▲170円
家族割プラス 家族1人:割引なし
家族2人:▲500円
家族3人:▲1000円
auスマートバリュー ▲1000円
スマホ応援割プラス ▲1000円×6ヶ月
合計 家族1人:5480円
家族2人:4980円
家族3人:3480円
2020年2月1日より、auデータMAXプランProの内容が変更されました。

基本料金が1500円値下げ
・9150円⇒7650円に変更

テザリング、データシェア、国際ローミングの上限を10GB増量
・20GB⇒30GBに変更

auフラットプラン25NetflixパックN

データ容量25GBに加え、ネットフリックスの「ベーシックプラン」とビデオパス「見放題プラン」がお得なセットになった料金プラン。

通常は、ネットフリックスのベーシックプランは800円/月、ビデオパスの見放題プランは562円/月かかるが、これらのサービスを無料で楽しむことができます。

動画配信サービスも一緒に楽しみたい方におすすめのバンドルプランです。

基本料金 7320円
2年契約N ▲170円
家族割プラス 対象外
auスマートバリュー ▲1000円
スマホ応援割プラス ▲1000円×6ヶ月
合計 5150円

auフラットプラン20N

データ容量20GBのプラン。

基本料金 6170円
2年契約N ▲170円
家族割プラス 対象外
auスマートバリュー ▲1000円
スマホ応援割プラス 対象外
合計 5000円

auフラットプラン20Nは、スマホ応援割プラスの対象外であるため、6ヶ月間の1000円割引が効きません。auフラットプラン25NetflixパックNとの差額は、6ヶ月間については150円だけ。

つまり、150円でデータ容量+5GB、ネットフリックスやビデオパスも使えるというわけです。スマホ応援割プラスが適用できる6ヶ月だけauフラットプラン25NetflixパックNに加入して、終了する前にプラン変更する方法もあります。ただし、プラン変更し忘れてスマホ応援割プラスが終了すると差額は1150円になるので注意してください。

auフラットプラン7プラスN

データ容量7GBに加え、対象のSNSサービス(Instagram、Twitter、+メッセージ、Facebook)のデータ容量の消費をカウントゼロで利用できるプランです。

基本料金 5650円
2年契約N ▲170円
家族割プラス 家族1人:割引なし
家族2人:▲500円
家族3人:▲1000円
auスマートバリュー ▲1000円
スマホ応援割プラス 対象外
合計 家族1人:4480円
家族2人:3980円
家族3人:3480円

新auピタットプランN

月間のデータ使用量に応じて、金額が変動する3段階制の料金プランです。基本料金は、1GBまでは3150円、1GB~3GBまでは4650円、3GB~7GBは6150円。7GBを超えると速度制限にかかります。

~1GB ~3GB ~7GB
基本料金 3150円 4650円 6150円
2年契約N ▲170円
家族割プラス 家族1人:割引なし
家族2人:▲500円
家族3人:▲1000円
auスマートバリュー ▲500円
スマホ応援割プラス 対象外
合計 家族1人:2980円
家族2人:2480円
家族3人:1980円
家族1人:3980円
家族2人:3480円
家族3人:2980円
家族1人:5480円
家族2人:4980円
家族3人:4480円

3GBを超えてくるようなら、auフラットプラン7プラスNを契約しておいた方が1000円安くは済みます。

スマホ向け:その他割引サービス

ケータイ→auスマホ割

ケータイ→auスマホ割を適用すると、上記より▲1000円×1年間を適用することができます。1GBまでの使用なら980円から利用可能。適用するには、ケータイから4Gケータイに変更し、新auピタットプランNに加入することが条件です。

新カケホ割60

60歳以上の方を対象に基本料金から1000円の割引を適用出来るサービス。

60歳以上の方が対象機種を利用し「新auピタットプランN+通話定額」または「auピタットプランN (カケホ/s)」に加入し、新カケホ割60に申し込みすることが条件となります。

対象機種は、AQUOS sense2 かんたん、BASIO 3、LG it(2019年9月13日確認時点)。

ケータイ→auスマホ割プラス

ケータイから4Gスマホに乗り換えると、「auピタットプランN (s/スーパーカケホまたはカケホ)」の基本料金から1年目は2000円割引、2年目以降は1000円割引くするサービスです。

下記の料金内訳は、auピタットプランN (s/スーパーカケホ)を選択した場合です。

基本料金 3650円
2年契約N ▲170円
家族割プラス 対象外
auスマートバリュー ▲500円
ケータイ→auスマホ割プラス ▲2000円(2年目以降▲1000円×永年)
合計 980円(2年目以降1980円)

カケホにする場合はプラス1000円。

4Gケータイ向けの新料金プランが登場!

4Gケータイ向けに発表されたのは4種類の新料金プランです。2019年12月26日より提供開始です。

最初に各プランの内容と料金内訳をご覧ください。その次に詳しい内容を解説していきます。

料金内訳と内容

プラン名 ケータイシンプルプラン ケータイカケホプラン VKプランS (N) VKプランM (N)
プラン内容 30秒20円+100MB 24時間かけ放題+1GB 30秒20円。無料通話1100円付 30秒20円。無料通話2600円付
基本料金 1370円 3150円 1178円 1790円
2年契約N ▲170円
LTE NET 300円
データプラン ダブル定額:500円~4200円
合計 1500円 3280円 1798円~5498円 2420円~6120円

基本料金、通話料、データ容量にそれぞれ違いがあります。利用者に適したプランを選ぶようにしましょう。

インターネットやメールなどのデータ通信を一切行わず、通話専用で使いたい場合は、LTE NETを付けずに契約する事も可能です。

それぞれのプランの詳細について見ていきましょう。

ケータイシンプルプラン

ケータイシンプルプランは、基本料金1200円で通話プランとデータプランがセットになっているプランです。通話料は30秒につき20円。データ容量は100MB。

通話、データ通信ともに利用頻度の少ないユーザーにおすすめのプランです。電話専用で契約したい場合は、LTE NETを付けなければ、通話用としての契約が可能です。

ケータイカケホプラン

ケータイカケホプランの基本料金が2980円。国内通話24時間かけ放題+データ容量1GBがセットになったプランです。

通話を頻繁にする人や通話時間の長い人におすすめのプランです。データ容量も1GB付いてくるので、利用頻度の多めの人におすすめのプランになります。

VKプランS (N)とVKプランM (N)

VKプランS (N)は無料通話1100円分、VKプランM (N)は2600円分ついた通話プランです。いずれも通話料は30秒20円。2つのプランの違いは無料通話量の違いです。

データプランは、別途追加する必要があり、ダブル定額(ケータイ)を付ける事ができます。

ダブル定額(ケータイ)は、500円~4200円の従量制のデータプランです。10MBまでは500円で使用でき、10MB以上は1KB毎に0.02円が発生します。上限は4200円で2GBまで使用可能。2GB超過後は速度制限がかかります。

 

 

旧プランの受付は終了

スマホ向けの終了するプラン

2019年9月30日を持って、旧プランの受付は終了します。

  • 新auピタットプラン
  • auフラットプラン7プラス
  • auフラットプラン20
  • auフラットプラン25 Netflixパック
  • auデータMAXプラン
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • LTEフラットcp (f・2GB)

今年(2019年)、発表されたばかりのプランも終了し、2年契約Nを適用する形で、基本料金以外はほぼ同じ内容のまま提供されます。

また、旧プランに対して適用できた割引サービスも同時に終了します。

  • スマホ応援割
  • カケホ割60
  • ケータイ→auスマホ割 (s)

これらが終了し、2019年10月1日以降の新規申し込みは、2年契約Nで契約できるプランから選択し、2年契約Nの有無を選んで契約する格好となります。

source:KDDIプレスリリース|「新auピタットプランN」などを提供開始

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。