auの「初スマホ応援プログラム」適用時の月額料金や割引内容や条件を解説

auで2018年6月1日より提供を開始いているキャンペーン「初スマホ応援プログラム」について解説していきます。最新の夏モデルも対象となっているので要チェックです。

初スマホ応援プログラムについて

本プログラムは、最大37800円機種代金を割引する「初スマホ割」と基本料金を1年間1000円割引する「スマホ応援割」を組み合わせたプログラムです。両方の割引の条件を満たせない場合は、それぞれ個別に適用することも可能です。

初スマホ割とは?

昨年7月より提供されている機種代金割引サービスです。機種によって割引額は異なり、10800円~37800円が機種代金から割引されます。主に、はじめてスマホを契約する方が対象となります。

初スマホ割の条件

・他社ケータイからの乗り換え、auケータイ(16か月以上利用)からの機種変更、18歳以下の新規契約のいずれか
・auピタットプラン+年契約(誰でも割など)に加入
・au購入サポートで対象機種を購入

初スマホ割が開始した当初は、対象機種はAndroidの5機種だけでしたが、2018年6月現在ではiPhoneを含め10機種以上が対象となっています。初めてスマホを持つ方は、機種をお得に購入できるサービスなのでぜひチェックしておきましょう。2018年夏モデルの最新機種も対象になっている機種もあります。詳しい内容は下記の公式サイトをご確認ください。

初スマホ割|au

スマホ応援割とは?

スマホ応援割は、基本料金から毎月1000円×1年間の割引がされるキャンペーンです。2018年6月1日より開始しました。

初スマホ割の条件

機種購入を伴う手続き(機種変更、新規契約、MNP)と同時にauピタットプラン、auフラットフランを選択し、通話プランをカケホまたはスーパーカケホに申し込むことで割引を適用することができます。

auピタットプラン、auフラットフランの「シンプル」では適用することができないので注意してください。

「初スマホ応援プログラム」適用時の月額料金サンプル

ここからは、実際に「初スマホ応援プログラム」を適用すると、月々どのくらいで契約できるのか見ていきましょう。

夏モデルで対象となっている「HUAWEI P20 lite HWV32」と初スマホ割の割引額が最大の「iPhone SE」を例に紹介していきます。

auスマートバリューや下取りプログラムなどのサービスを利用すると下記よりも安くできる場合もありますし、通話やデータ通信をたくさん使用すると別途料金がかかってくるので高くなってしまうこともあるので注意してください。

HUAWEI P20 lite HWV32

HWV32の初スマホ割は、10800円割引なので分割で購入するとと月々450円の割引になります。

auピタットプラン(スーパーカケホ) 3758円
本体分割 1350円×24回
スマホ応援割 ▲1080円×12回
初スマホ割 ▲450円×24回
合計 3578円

最新の夏モデルの機種代金込みで月額3578円と割安で利用することができます。

iPhone SE

iPhone SEの初スマホ割は、機種変更の場合37800円、MNPまたは新規契約の場合は27000円の割引になります。下記は、割引が最大となる機種変更時の料金です。

auピタットプラン(スーパーカケホ) 3758円
本体分割(32GB) 2250円×24回
スマホ応援割 ▲1080円×12回
初スマホ割 ▲1575円×24回
合計 3353円

自分に最適のプラン選びをしよう

初スマホ応援プログラムについて紹介してきましたが、実際に契約する際に契約するプランが自分の利用量に適していることが大切です。

au公式の料金シミュレーターを使えば、簡単に機種変更などの見積もりを出すことができます。初スマホ割やスマホ応援割などの割引も含めて計算できるのでぜひ利用してみてください。

料金シミュレーション|au

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です