au、iPhoneがVoLTEに対応。アメリカ、韓国で高音質通話が可能に

KDDIは、海外での利用時にiPhoneでの高品質の通話ができる『VoLTE(ボルテ)』の提供を発表しました。日本時間9月14日提供予定のiOS10にアップデートすることでアメリカ、韓国での利用を可能にします。Androidでは、夏モデル以降の一部の機種で対応している。

OSバージョンがiOS10以降のiPhone7、iPhone7 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone6、iPhone6 Plusに対応。アメリカ本土・アラスカ・ハワイでは、Verizon Wireless(ベライゾン・ワイヤレス)。韓国では、LG Uplusの通信サービスを利用します。

VoLTE対応機種同士なら、海外での利用も日本国内と変わらない広帯域で高音質な通話ができます。通話中のインターネットの閲覧、メールの送受信、アプリの利用など通話とデータ通信を同時利用が可能。

VoLTE利用時の通話料は、通常の国際通話の設定料金と同じで、アメリカでの通話料は、滞在国内宛1分120円、日本宛1分140円。韓国では、滞在国内宛1分50円、日本宛1分125円必要となる。日本でVoLTEを利用するのと同様、特別な申し込みは必要ない。

au公式 iPhone向け、海外での高音質通話「VoLTE」を提供開始!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。