ドコモ、決済関連サービスをTouch IDで認証するサービスを4月以降の提供に延期

NTTドコモは、3月下旬を予定していたTouch IDを用いた認証サービスのうち、ドコモケータイ払い、dケータイ払いプラスTM、spモードコンテンツ決済などの決済関連の一部サービスを4月以降の提供予定に延期することがわかりました。

iOS 9.0以降(iPhone、iPad)のTouch ID対応端末でTouch ID指紋認証センサーを利用し、ログイン認証できるサービスを2016年3月9日より提供を開始しています。例えば、iPhoneやiPadの指紋認証機能を使用して、dアカウントなどにログインするときに、ネットワーク暗証番号やパスワードの入力の必要がなく、指紋認証のみでログインできる便利なサービス。

今後、ドコモケータイ払い、dケータイ払いプラスTM、spモードコンテンツ決済などの決済関連などをiPhone、iPadの指紋認証機能によって、こちらもネットワーク暗証番号などの入力をしないでTouch IDの指紋認証のみで行えるようにする。ケータイWachによると、こちらの決済関連のTouch ID認証が4月以降の提供に予定が変更されたようです。

Touch IDを用いた決済サービスには、既に提供されているApp StoreやiTunesでアプリや音楽をダウンロードする際に、通常APPLE IDのパスワードを求められるが、設定⇒Touch IDとパスコード⇒iTunes&app StoreをONにすることによって、音楽やアプリを指紋認証のみでダウンロードすることができます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。