【ポケモンGO】ポケモンの巣とわざの威力が変更、DPSにも影響

ポケモンGOで7月30日情報修正が入りました。変更されているのは、『ポケモンの巣』と『わざの威力』。

ポケモンの巣と呼ばれる特定のポケモンが出現しやすい場所が存在するが、出現するポケモンが変更されました。新宿御苑は、ピカチュウが大量発生することから、ピカチュウの巣となっていましたが、変更後の現在はアーボの巣となっています。上野公園では、ブーバーの巣がエレブーの巣に。世田谷公園は、ミニリュウの巣がイーブイの巣に。

深夜0時日付が切り替わると共に、ポケモンの巣が変更されたようで、1週間置きにポケモンの巣で出現率が上がるポケモンが変更されるのでは?と言われています。また、来週変更されるか要チェックです。

ポケモンの巣に行っても、希望のポケモンの巣ではなくなっている可能性があるので、出かける前に事前チェックを忘れずに!!

チェックは、現地にいる人からの情報が確かですが、ポケモンの出現情報をリアルタイムで調べられる『PokeVision』や『Pokewhere』も便利です。

そして、もう一つが『わざの威力』が変更されています。これにより、1秒間あたりに与えるダメージ(DPS)に影響が出てきます。一部ご紹介すると、通常攻撃では、『サイコカッター』は15から7に半分以下の威力に下がっている。一方、『あわ』は15から25と大幅に威力が上がっている。ゲージ攻撃では、はかいこうせんは70から150に大幅アップしている。

【ポケモンGO】強いわざの判別方法、わざのDPSについて解説

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。