危険「Amazon.co.jpアカウント所有権の証明」の偽メール!詐欺に騙されないで!

Amazonになりすました詐欺メールが私のメールアドレスに送られてきました。

あらゆる種類の詐欺メールが存在しますが、今回はお馴染みの「アカウントが停止されました」のパターンです。

「アカウント所有権の証明」と言った件名の詐欺メールです。同じようなメールが来て、本物か判断が難しいという方は、是非参考にしてみてください。

メールの内容(アカウント所有権の証明)

メールのタイトルは、件名「Amazon.co.jpアカウント所有権の証明(名前、その他個人情報)の確認」と書かれていました。

アカウント所有権

新しいデバイスからサインインされたとの内容で、誰かが自分のアカウントを使ってログインしようとしたと言うものです。あなたのアカウントは停止されたとの記載があり、危険な状態に置かれているかのような文字が並べられています。

読み進めると「24時間以内に情報を更新」するように勧めています。本当にアカウントが使われようとしているのであれば大変ですが、今回は偽物なので個人情報を入れると、悪用されてしまう可能性が高いです。

メールには「確認用アカウント」のボタンとありますが、こちらを開いて情報を入力すると危険です。開かないようにして下さい。

今回は調査のため、どのようなページが開くか試しに「確認用アカウント」のボタンをタップしてみると、警告画面が表示しブラウザが危険なサイトである事を知らせてくれました。

詐欺webサイトの警告

環境によっては警告画面が出ない場合もあるので、メールが届いた段階で偽物だと気づけるようにしましょう。

偽メールの判断ポイント

偽物のメールには、本文内にリンクやURLが設置されており、個人情報の入力画面に遷移します。

そこでクレジットカードの情報やパスワードなどの個人情報を入力してしまうと情報が盗まれてしまうので、入力しないためにも早い段階で偽物か本物かの判断をする事が大切です。

送信元:相手のメールアドレス

まず確認して頂きたいのは、誰がこのメールを送ってきているかです。差出人のメールアドレスをチェックしてください。メールアドレスが表示していない場合は、差出人の名前をタップしてメールアドレスを確認してみてください。

今回、私の元に届いたアドレスは「~~@bz01.plala.or.jp」になっており、あきらかに本物のAmazonからのものではない事がわかります。

公式:Amazon|不審なEメールを受信した場合

受信:自分のメールアドレスを確認

受け取った自分のメールアドレスをチェックしてください。

複数メールアドレスを所有している場合は、Amazonアカウントを登録しているメールアドレスか確認しておきましょう。

通常、Amazonアカウント情報に登録していないメールアドレス宛にアカウント更新の案内は届きません。

本文をチェック

重要な情報を取り扱うものは、本文に自分の名前などの個人情報が記載されています。Amazonからのメールを確認して頂くと、自分の名前が記載されている事が確認できます。キャンペーンなどの個人情報を取り扱わないものには、記載されていません。

今回送ってきた偽メールの相手(送信元)は、自分の情報については、受け取ったメールアドレスの情報のみしかわかっていないため、名前などの情報を載せられません。

このような詐欺メールは、発信者が日本人でない場合も多く、本文を良く読むと不自然な文章になっている場合が多いです。

Amazonなりすましのフィッシング詐欺・偽物メール

Amazonに成り済まし、ユーザーの不安を煽り、自ら個人情報を入力させるように仕向けるパターンのメールはしっかり自分でメールが届いた時点で偽物だと気づく事が大切です。

アカウントが停止されると書いていると焦ってしまい、偽物の案内通り情報を入力しないように慎重に判断してください。

他にもプライム会員を狙った詐欺などもあります。下記の記事も参考にしてください。

「Amazon.co.jpアカウントが無効になっています」は危険!フィッシング詐欺メールに注意

Amazonなりすまし詐欺メール。プライム会員の更新のためにクレジットカード情報の入力を求める

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。