Amazonなりすまし詐欺メール。プライム会員の更新のためにクレジットカード情報の入力を求める

Amazonになりすました迷惑メールが届きましたのでご紹介します。2019年になり送られてきたとの声が増えている詐欺メールです。

手口は偽サイトに誘導し、Amazonのログイン情報やクレジットカードの情報を盗むことを目的としたフィッシング詐欺です。

Amazonなりすましの迷惑メールの詳細

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。からはじまり、Amazonプライムの更新が2019年〇月〇日に更新されるとのことで、更新するために必要なクレジットカードが登録されていないとの内容です。

次の画像の通り、amazon.co.jpのロゴも入っているので、一瞬本物と見間違えてしまいそうになります。

amazonの偽メール

この迷惑メールによると問題を解決するために、メール本文のリンク(支払い方法の情報を更新する)にアクセスして、Amazonのログイン用のメールアドレスとパスワードを入力してログインし、新しくクレジットカード情報を入力するように案内されていますが、お分かりの通り入力してはいけません。

ここで間違えてログインしてクレジットカード情報を入れてしまうと、Amazonアカウントが乗っ取られる上にクレジットカードの情報まで盗まれてしまいます。

今回の詐欺メールは、Amazonプライムの登録していない方は騙される可能性は低そうですが、プライム会員の方は一瞬騙されてしまいそうな内容となっています。

ちなみに、○○様の部分は、メールアドレスが入っていました。本物ならこの部分がAmazonに登録している名前になっているはずです。

騙されないために

詐欺メールによくある特徴ですが、メール内には正規のものとはあきらかに可笑しいところがあります。

まず最初に、差出人が「Amazon更新する<howerg4…>」となっていて、明らかにAmazonから出ないことがわかります。これだけでなりすましメールであると判断できます。

メールのタイトルが「件名なし」となっています。公式のものは件名なしということはほぼありません。

メールのリンク先のURLを調べることで、本物かどうか簡単に見分けられます。今回の場合は(http://www.amazonmind.net/)というサイトが開くようになっています。試しに開こうとすると「偽のサイトにアクセスしようとしています」と警告が出たので接続せずに閉じましたが、万が一サイトが開いてしまった場合、Amazonに似せた偽サイトが開き、アカウント情報の入力が求められるものだと思います。

本物か偽物かわからない場合

今回紹介したパターンだけでなく、迷惑メールには多種多様なパターンが用意されています。中には本物なのか、偽物なのかわからないというものもあるかもしれません。

そういう時は公式に問い合わせて確認することをおすすめします。問い合わせるのは、公式サイトや公式アプリから問い合わせしてください。

メール内にあるリンクから問い合わせページにアクセスしたり、メールを返信して問い合わせるようなことはしないでください。そのメールがなりすましメールだった場合、偽の業者に問い合わせてしまうことになるためです。

迷惑メールが届かないように

迷惑メールであることがわかったら、二度と受信しないように対策しておきましょう。

迷惑メールフィルターに登録したり、なりすましメール拒否などをしておくことをおすすめします。極端に迷惑メールが多い方はアドレス変更するのも一つの手です。自身にあった対策を行っておきましょう。

26 件のコメント

  • 昨晩。赤い「!」から始まるアマゾンからの更新メールが届きました。開くと、真っ赤な画面で警告メッセージが出て、クレジット情報が盗まれるとかいてあり、急いでメールを削除しました。便利と怖さが紙一重だと感じました。

  • 私も二回きました。二回目はさすがに、プライムが切れたら困るので、そのページの誘導先にクリックしてみました。マカフィーセキュリティーソフトが危険サイトに進みますか?という画面になったので、やめました。アマゾンカスタマーに
    ホームページから、依頼すると折り返し電話してくれますので、夜中二時にもかかわらず直ぐ折り電を頂き、そのようなメールを送ってませんと解決しました。アマゾンからのメールは、Amazon.co.jpからしか来ないとの事で、とても安心することができました。さすがアマゾンは24H体制なんですね。

  • 私も迷惑メールにAmazonからメール来ていました。プライムには一度も入会したことないし、すでにAmazonアカウントも削除したのに不安になりました。クリックしたら、赤い警告が付き詐欺ですとなり回避できました。

  • 私も来ていました。おかしいなと思いながらも、情報を入力してしまい、カード情報を入力したところ、不正使用で高額な支払いが発見しました。すぐにカードを止めてもらいましたが、本当に怖かった。

  • 今日この詐欺メールが来てました。
    私は、プライム会員の登録してないし、
    カード自体登録してないのですぐに
    詐欺メールに気づきました。
    一度、アカウントを盗まれて不正アクセスされてパスワード変えて以来Amazonは利用していません。今はログアウトしたままです。

  • 私は被害にあっていませんがある意味で被害者かもし知れません。およそ一月二月前の出来事ですがクレディットカードの情報を求めたメールがAmazonより数回届きました。悪意のあるメールと思って受信する度に直ちに削除しました。そのうちにプライムの会員の特典は無効になった旨のメールが届きました。不都合はなかったので悪意のある送信者は諦めて腹いせにプライム等の得点は無効になったと書いてきたのだと思って特に何もしませんでした。今思えばクレディットカードの更新時で新しいカードの情報を確認する必要があったのかなと考えました。

  • 同じメールが2回きました。すでにプライムもアマゾンも解約済みだったのに来たので、もしかしたら解約できてなかったのか?と思いアクセスしてログインしようとしましたが、「このメールアドレスに該当するアカウントはありません」と出てきて謎でした。来たメールに、そのスクショを撮ったものを返信してしまいました。その後不安になったのでアマゾンカスタマーセンターに電話して調べてもらったところ、すでに退会してるのでそう言ったメールは送られていないので削除してください、とのことでした。
    何も疑いもせずクリックしてしまいましたが、その後は特に何のメールも来ていません。

  • 今朝のメールで来てました。
    よく買い物するので、お試しプライム会員のお誘いを受けるので時たまその期間を登録したことが有ったのですが、現状は登録してないのを把握してたので直ぐに判断出来ました。
    一応、そんな詐欺メールが出回っていないか調べるために検索したらここに出会いました。
    過去に別パターンの詐欺メールも来てましたが、軽はずみに対応せず先ずは疑って調べてから対処すべきですね。

  • 自分に届いたものは他人に使われた!というメールでした。
    ログイン画面に行くと
    URL抜粋:secure-signin-amazzon…
    というamazzonというzが1つ多いURLでした。

  • 今日きました。Amazon. co. jpからです。解りますか?coとjpの前にスペースが入ってます。直ぐにamazonの不信メール連絡先に転送しました。

  • 9月3日の日付できました。
    fromが「Amazon」控えなかったのですが、件名も書かれていました。
    Toは私のメールアドレスが書かれていました。個人名は書かれていませんでした。
    私はプライムを利用していなかったのですが、父が誤ってプライムに会員登録したのかと思い、料金がとられてないかと心配になりました。
    クリック画像は「×」になっていましたが、思わずクリックすると、ウィルスバスターが働いて表示されませんでした。
    AmazonのHPで確認すると、「お客様は現在まだAmazonプライムに登録されていません」と書かれているので、どうなっているんだ?と、アマゾンに電話すると「メールを送っていませんので、迷惑メールです」とのことで、めっちゃ驚きました。
    ウィルスバスターは、偉かったw
    詐欺の世の中、どこかで騙される。騙されない人はいませんね。

  • 2日前来ました。そして引っかかりました(泣)
    引っかかった理由は入院中で、iPadからメールを見ていたので
    ウイルスソフトが入っていなかったからです。
    昨日カード会社から買い物確認の連絡が来て、慌ててメール
    を確認したら、30分の間に5件、ひかりショッピングというところから
    実に20万円程買い物されていました。
    ただし「実害ゼロ」です。なぜなら私は口座から直接引かれる
    「デビットカード」を入力したからです。
    口座は私の給与振込み用で、入院費を払っていたので、残高が少なかった
    のです。
    でも危なかった。他のクレジットカードを入力していたらと思うと
    ゾッとします。

  • 本日来ました。たまたまクレジットカードの更新年にあたっていて新しいカードの利用期限を更新しなければなりませんでした。
    なものでメールから更新しようとしたらはねつけられましたが、正式なアマゾンの画面から利用期限を更新したけれども
    なんだか気持ち悪いのでカードの利用停止とカード会社へ連絡してカードの使用停止の手続きをやりました。
    せっかく新しいカードが郵送されてきたのになぁ。けれども高額請求されてもいやなので断腸のおもいで処理しました。
    情報漏らしてるのが一体誰なのかほんと怖いです。

  • ウチにも来ました。
    年会費引き落としのカード有効期限が切れているので、支払方法変更してくれという内容でした。
    危うくクリックしそうでしたが、公式ホームページからあらためてカード情報確認して詐欺だと気づきました。
    宛先が個人名でなく、メールアドレス様になっていることが気付きポイントだと思います。

  • 最近毎日のように会社のアドレスにきます。変更もできないし本当に迷惑です。
    最初は「カードが期限切れになるので更新してください」メールでした。
    次は「期限が切れてしまいましたので更新して」メール。
    今じゃ「アカウントを維持するため確認する必要があります。24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします」と、毎日届きます。もうとっくに24時間どころじゃなく過ぎてるw
    ちょっと日本語おかしいのと、そもそもプライム会員なってないので詐欺だとすぐわかります。

  • 「アカウント更新期限がすぎ商品が配達できません」というアマゾンを名乗るメールが届き、たまたま2日前に通販の注文したばかりで信用してしまい、住所、氏名、生年月日、クレジット番号、セキュリティー番号を打ち込んでしまいました。サイトは、ロゴ、記入欄は本物そっくりでした。10日後くらいにカード会社から「確認したい使用」と連絡がありました。「ローソンチケットと化粧品ねの購入はありましたか」ときかれ、「心あたりありません」と先の話をして、カード使用を停止してもらいました。カード会社に感謝してますが、気味の悪い話です。

  • 二ヶ月の間、10日に一回位自宅のPCに届きます。
    自分の名前の場所にEメールネームしか書かれていないので、すぐに判別できます。
    届く度にプリントして警察署に情報提供しています。
    皆さん、お気を付けください。

  • 今日きました。
    宛先は「 Amazon お客様 」で名前ではありませんでした。
    文章が変でした。
    必要があります が 必要・ェあります となっていて明らかに怪しい。
    確認用の電話番号に電話したところ「 現在この電話は使用されておりません…… 」のメッセージがかえってきて、間違いなく詐欺だと思いました。
    一ヶ月前にも同じ内容のメールが来ていて、カードが期限切れになった旨の文章がありました。
    この時も怪しいと思って無視しました。
    引っかからなくて良かったです。

  • 以前アマゾンのアカウントを乗っ取られたことがあり、解決後もメ-ルアドを変えていないので、偽メ-ルは毎日のように届きます。セキュリティはノ-トンですが、Norton AntSpam の警告が表示されるメ-ルと表示されなメ-ルが有るのでやっかいです。気をつけましょう。

  • アマゾンプライム会員でもないのに何度も送ってきます。
    その都度迷惑メールフォルダに入れてますが、1日当たり5から6通くることもあり、送り主のアドレスを変えてます。

  • 今メールチェックしたら、来てました。

    一瞬ビクッとしましたが、添付されてるURLにもアドレスにも、amazon の文字?が入ってないので詐欺メールかと思いました。

    何かが当選したとかいう感じの文面でしたが、そもそも応募もしてないのに当たりようがないですよね。

  • 10月13日にプライム会員の自動更新が切れます!とのメールが来ていました。カードが更新された後だったため、アマゾンのIDパスワードでログインしてしまい、12月1日にアカウントで不正ログイン、商品購入されました。注文後の確認メールで気づきました。
    直ちに、カスタマーセンターに連絡し、アカウント情報のリセット、注文キャンセルをしてもらいました。カード情報についても 不安があったので、利用停止しました。
    後から、今年春からこの詐欺メールがあったことを知りましたが、メール内容が5月の頃に比べて、格段に巧妙になって見破りにくくなっています。決して、メールリンクから操作してはいけません。
    本家のサイトを新規に開いて、情報を確認してください。

  • 私にも、偽メールが届くようになりました。中国の出品者からアマゾン経由でメールのやり取りをした後で届くようになりました。因果関係は判りませんが。もう、君子危うきに近付かずです。中国の業者から物は買いません。

  • 昨日、Amazon.co.jpから偽メールが来ました。

    差出人のメールアドレスがaccount-update@amazon.co.jpだったので、疑問に思いつつもリンクから進みました。

    ログイン後に支払情報を聞かれたからURLを見て気が付いたのですが、パスワード変更しようとしたのですが、実はそもそも間違って別のところで使ってるパスワードを入力していたから、変更出来なくてちょっと焦りました(笑)

  • Amazonプライムなどのカードの有効期限が切れるので更新してくださいとメールがきました。

    アドレスチェックして、Amazonさんじゃないとわかりました。

    Amazonお客様と記載あり。通常は氏名が記載されるので、その部分でも偽装と判別。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。