Paravi(パラビ)動画が止まる(フリーズ)、落ちる(強制終了)原因と対処方法

Paravi(パラビ)の動画を視聴していると、動画が途中で止まったり(フリーズ)、アプリが落ちたり(強制終了)などのトラブル時に考えられる原因と対処方法を紹介します。

電波が弱い、通信が不安定

Paraviの動画は、動画データをダウンロードしながら再生するストリーミング形式を採用しています。データの受信に遅延が生じたときに動画が止まります。データ通信速度が遅く動画のダウンロードに間に合っていない時などは、通信状態に関する問題が予想されます。

端末と接続している電波(Wi-Fiや4Gなど)の状態を確認してください。通信状態が不安定な場合は、電波の強い場所に移動したり、Wi-Fiを再接続したり、通信設定を見直してみましょう。

通信速度が遅い場合は、画質を落とすことで改善することがあります。

画質を落とす

データ通信速度と画質が適した設定になっていないと、動画が途中で止まってかくかくしたり、フリーズしたりします。画質を落としてスムーズに視聴できるか試してください。設定方法は下記の記事で解説しています。

Paravi(パラビ)の画質変更方法とデータ通信量の目安

端末やアプリの不具合

視聴中のデバイスが不具合を起こしていたり、Paraviアプリが不具合を起こしているという可能性があります。

アプリを停止させて、端末の電源を落として再起動を行ってください。一時的な不具合であれば、これだけで改善される場合がほとんどです。

アプリのバージョンが古い

Paraviアプリのバージョンがあまりにも古いバージョンの場合、正常に機能しない可能性があります。

App StoreやPlayストアから最新バージョンにアップデートできます。

同時視聴の制限

定額制の見放題プラン「Paraviベーシックプラン」を利用しているからと言って、複数で同時視聴できるというわけではありません。複数のデバイスでの同時視聴は1台までです。

通常、スマホAで動画を視聴しているときに、スマホBで動画を視聴しようとするとエラーメッセージが表示します。

Paravi、同時視聴の端末数上限のエラー(コード2050)で動画が見れない、始まらない

しかし、動画を見ているとアプリが強制終了したり、動画が止まってしまうという事が頻繁に起こったことがあり、原因を調べてみると別のデバイスからParaviで動画再生していることが原因でした。

登録デバイスの上限

1つのアカウントで登録できる台数は6台までです。通常はエラーメッセージが表示するので、上限に達した場合はすぐにわかります。

Paraviエラーコード2057「利用できる端末数が上限に達しています」の対処方法

Paravi側の不具合・障害

パラビのサーバーで障害や不具合を起こしているという可能性も考えられます。例えば、人気コンテンツが配信され、アクセスが集中し動画がフリーズして見れないということもありえます。

このような問題であれば、自分だけでなく、他のユーザーでも同様の事象が起きていることが考えられます。SNSやParavi公式サイトに不具合情報がないか調べてみてください。

サーバーなどParavi側の問題であれば、しばらく時間をおいてから再度アクセスするようにしましょう。

アカウントの問題

アカウント情報が処理できていないなどの理由で問題が生じている場合は、アカウントの再ログインが効果的です。ログアウトしてログイン(再ログイン)をしてみてください。

アカウントが停止されていないかの確認もしておきましょう。料金の支払いができていないかったりすると停止します。

デバイスの問題

Paraviに限らず、デバイスの性能が低いとどうしても動画の動きが悪くなります。可能であれば、違うデバイスを使用して解決するか試してください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。