LINEトークのリプライとメンションの使い方と違い

LINEトークで使える新機能「リプライ」が追加されました。似たような機能でメンション機能がありますが、この記事ではそれぞれの違いや使い方について解説していきます。

LINEのリプライとは?メンションとの違いは?

リプライは、メッセージを指定し返信できる機能です。引用返信というのがわかりやすいでしょうか?

リプライを使って返信すると次のように指定したメッセージと自分が入力したメッセージが一緒に送られます。これがリプライです。

LINEトークのリプライ

似ている機能でメンションというものがあります。メンションは友だちを指定してメッセージを送る方法です。こちらは、グループや複数人とのトークルームでのみ利用できる機能で、1対1の対個人トークでは利用できません。例えば、グループトークで誰に向けて送信しているのかわかるようにメンションを使います。

LINEトークのメンション

「@名前」がメッセージの前に表示するので、誰に向けているものか一目でわかります。

もちろん、誰かに向けて返信するのは、リプライでもできますし、内容も引用されるのでよりわかりやすい返信ができます。状況に応じて使い分けてください。違いをまとめると次のようになります。

リプライ メンション
送信の対象 友だち+メッセージ 友だち
利用できるトークルーム 1対1トーク、複数人、グループトーク 複数人またはグループトークのみ
複数人返信 不可。1件のメッセージに対してのみ 指定した友だち1人以上に送信可能

どのメッセージに対するものかより詳しく送信したい場合はリプライが便利。例えば、LINEの確認ができていなくて特定の友だちからメッセージがたくさん届いていた。そんな時にひとつひとつリプライを使えば、何に対する返信なのか受信した友だちはとてもわかりやすいです。

一方、複数人が参加するトークルームで誤解を招かないために返信する友だちだけを表示させたい場合や複数人を指定して返信したい場合はメンション機能を使います。

強いてメンションを使う必要もないように思うかもしれませんが、メンションはこれだけでなく相手がトークルームの通知をオフにしている場合であってもメンション送信だけ通知されるように設定している場合もあります。(設定⇒通知⇒詩文へのメンション通知)

初心者で時々ある間違いで指定した友だちと自分だけが見れると思いこんでしまっているケース。実はそういうわけではなく、リプライもメンションも同じトークルームにいる人は全員が見れます。誰に対してのメッセージか、どのメッセージに対しての返信なのかというものをわかるようにするだけなのでプライベートモードにはなりません。それぞれでするなら個別のトークルームでやり取りするなどしてください。

リプライの使い方

トークルームを開いて、リプライしたいメッセージを長押ししてください。表示したメニューの中に【リプライ(※1)】があるのでタップします。

※1:リプライがない場合は、LINEアプリを最新バージョンにアップデートしてください。Ver.8.9.0で追加された機能なので、それより旧バージョンの場合は利用できません。

リプライやり方

すると、メッセージ入力欄の上にリプライした友だちとメッセージが表示するので、あとはいつも通りメッセージを入力して送信してください。

<受信側:いつのメッセージか確認したい場合>
リプライメッセージが送られてきたときに、引用しているメッセージがいつのものなのか、自分で送ったのだろうがいつ送ったのか、どの話の流れで送信したのかわからないということが出てきたときは、そのリプライメッセージをタップすると送信した日時に移動されます。

メンションの使い方

グループトークや複数人のトークルームを開いて、キーボードで「@」をタップすると、メッセージ入力フォームの上に同じトークルーム内の友だちが表示するので選択してください。すると、入力フォームに「@名前」が表示するのが確認できます。あとは、メッセージをいつも通り入力して送信すれば完了です。

メンションやり方

複数人を指定したい場合は、@を押して友だち選択、さらに@を押して他の友だちを選択としていけば人数を増やすことができます。

※メンション指定は、友だちの名前をタップすることでも指定可能です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

スマホサポートラインの管理人をしています。携帯電話業界の経験から各社料金プラン、サービス、AndroidやiPhoneの使い方、トラブル処理などスマホに関するさまざまな知識を得ました。モバイルに関する仕事は10年ほどしていますので幅広い内容に対応できます。