LINE「Keepメモ」の使い方!どこにある?非表示にしたい場合【iPhone&Android】

LINEに新機能「Keepメモ(キープメモ)」が登場しました。

Keepメモは、自分一人だけの専用トークルームです。他のユーザーからは見る事はできません。

Keepメモのトークルームに、メッセージを送信してメモ帳代わりに使ったり、写真を送信してアルバムとして使ったりと自由にトークルームを使えます。

この記事では、Keepメモの使い方を解説していきます。LINEでメモを取れる便利機能です。ぜひ使ってみてください。

Keepメモとは

Keepメモは、LINEアプリバージョンiOS版Ver.10.11.0、Android版Ver.10.11.1、パソコン版Ver.6.1.0以降にて追加された新機能です。

簡単に言うと、自分だけが使える専用のトークルームです。友だちや家族など、他のアカウントから見れません。自分一人だけのプライベートのトークルームです。

「Keepメモ」では、友だちとのトークルームと同じように、メッセージや写真、動画、URLなどを送信できます。友だちとのトークルームと同じく、送信したデータは履歴として残るため、メモ帳代わりに記録できます。

買い物の予定やスケジュールなどを入力してメモ帳として使う、写真や動画などの思い出を送信して保存しておく、気になるサイトのURLをメモしておく、好きなようにトークルームを使えます。

Keepメモのもう一つの特徴は、Keepメモのトークルームでメッセージや写真、動画、URLなどを送信して保管しておけるのですが、Keepメモで送信したデータは自動的にKeepにも表示します。保存はされていません。

KeepとKeepメモの違いは?

Keepはクラウドストレージの機能です。LINE上に写真や動画、テキストなどを保存しておけるサービスです。

Keepメモは、自分専用のトークルームです。友だちとのトークルームとは違い、誰にも見られることはないので、メモ帳として利用できる機能です。写真やファイルなどは一定期間のみ保存されます。

Keepメモに送信したデータは、Keepで管理できます。そのままKeepに保存する事もできます。

Keepに保存できる容量は1GBまでですが、Keepメモについての容量は公式ヘルプにも記載されていません。

Keepメモの使い方

使い方は簡単です。「Keepメモ」と言う名前のトークルームを開いて、メモしたい事を送信するだけです。

<Keepメモの使い方>

  1. LINEを起動します。
  2. トーク一覧から「Keepメモ」を選択します。
  3. メッセージや写真など、メモしておきたい内容を送信してください。
keepメモの使い方

メモを見たい時は、Keepメモのトークルームを開いてみるだけです。

Keepメモに送信した内容は、Keepに表示するので、写真、動画、リンク、テキスト、ファイルをカテゴリー別に管理できます。Keepも併せて利用すると、より便利に使えます。

<Keepを見る・保存する>

  1. 「Keepメモ」のトークルーム右上にある【Keepのアイコン】をタップします。
  2. Keepメモに送信した内容やKeepに保存しているデータを管理できます。
  3. Keepに保存したい場合は、データを選択し【︙】⇒【Keepに保存】をタップします。
keepに保存

※ピン留めや編集をすると、自動でKeepに保存されます。

Keepメモを頻繁に使う方は、トークルームをピン留めしておくと便利です。ピン留めしたトークルームは、トーク一覧の一番上に表示します。

  • Android:トークルームを長押しして【ピン留め】をタップします。
  • iPhone:トークルームを右方向にスワイプして【ピンのマーク】をタップします。
ピン留め

※動作確認環境:LINEアプリバージョン iOS版Ver.10.11.0、Android版Ver.10.11.1

Keepメモがない!どこにある?

Keepメモは、iOS版Ver.10.11.0、Android版Ver.10.11.1で対応した機能です。古いバージョンを利用している場合は、LINEアプリを最新バージョンにアップデートしてください。PC版はVer.6.1.0で対応しています。

アップデート後は、特に設定などは必要ありません。LINEのトークタブをタップすると、トーク一覧の中に「Keepメモ」が表示されています。

トークルームが多すぎて、見つけられない場合は、検索機能を使って「Keepメモ」のトークルームを探してみましょう。

トークリスト検索

LINEアプリを最新バージョンにアップデートしたのに、Keepメモがない場合は、LINEアプリの再起動やスマホの再起動をしてから、トーク一覧を確認してみてください。

スマホのアプリを再起動する手順!Android、iPhoneでのやり方を解説

それでも出てこない場合は、Keepメモを非表示にしているかもしれません。

非表示にしたトークルームを元に戻したい

トークルームを再表示させたい場合は、設定からすぐに戻す事ができます。

  1. LINEアプリを起動します。
  2. 画面上の【歯車のアイコン】をタップします。
  3. 【トーク】⇒【非表示リスト】の順にタップします。
  4. Keepメモの隣の【編集】⇒【トークルームを再表示】をタップすれば完了です。

以上で再表示完了です。トークタブを開けば、一覧に「Keepメモ」が表示されている事を確認できます。

Keepメモのトークルームを削除したい。非表示にできる

Keepメモを使わない方にとっては、トークリストに表示しているだけで、邪魔だと感じる方もいると思います。

Keepメモのトークルームそのものを削除する事はできないのですが、非表示にする事はできます。

不要な方は、トークルームを非表示にしておきましょう。

非表示

iPhoneはトークルームを横にスワイプ、Androidは長押しして、【非表示】をタップするだけです。

Keepメモにメモした内容は削除可能

Keepメモにメモしたテキストや写真、動画などの情報はいつでも削除できます。

削除したいメモを長押しして、【削除】または【送信取消】を選択して、Keepメモから削除できます。同時にKeepに表示していた内容も消えます(Keepに保存している場合は残ります)。

Keepメモを削除

10 件のコメント

    • 非表示にした場合でしたら、下記の手順で再表示できます。

      LINEホーム画面の上にある【歯車のアイコン】⇒【トーク】⇒【非表示リスト】より、Keepメモを再表示できます。

    • 送信済みのメッセージや画像などを部分的に修正する事はできないので、修正した内容を再送信する必要があります。

      不要になったメッセージなどは、削除や送信取消をするなどして対応してください。

  • スマホサポートライン編集部さんありがとうございます。
    探していた答えが見つかりました。無事Keepメモを再表示することができました。

  • keepメモを削除してしまったようです。
    非表示リストにも入ってません。
    どうしたら復活?できますか?

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。