LINEアプリ「スライドショー」の作り方。複数枚の写真を動画にして友だちに送ろう!保存もできる!

LINEアプリで複数枚の画像を選択して動画を作成することができる「スライドショー」の作成のやり方を解説します。

スライドショーの機能は、LINEアプリバージョン7.14.0より利用できるようになっており、トーク画面から簡単に作成できるようになっています。旧バージョンをご利用の方はバージョンアップする必要があります。

現在(2017年10月24日時点)、Ver.7.14.0を利用できるのはiOS版(iPhone、iPadなど)で先行配信。11月にAndroid版も配信が開始されています。

スライドショー作成機能について

撮影済みの写真を3枚以上選択して動画(スライドショー)を作成することができる機能。

LINEアプリに標準で用意されているBGMを追加したり、フィルター効果・手書きペイント・テキスト入力などの加工を行うことができます。これらは、スライドショー作成の過程で行うことができます。

作成したスライドショーはそのまま友だちに送信したり、スマホに保存したりすることができます。

スライドショーの作り方

①LINEアプリのトーク画面を開きます。(予めスライドショーに入れる写真を用意しておいてください)

②【写真・動画のアイコン】をタップして、スライドショーにしたい写真を3枚以上選択して下さい。各写真の右上の白丸をタップして選択できます。

③次に右下の【スライドショーのアイコン】をタップします。アイコンが表示しない場合は写真選択画面で下にスクロールすると表示します。

④まずは、BGMを選択して見ましょう。

BGMは「Happiness」「Travel」「Congratulations」「Joyful」「DJ」など10種類から選べます。自動でフィルタも追加されるのでBGM毎に違った画面の動きを楽しめます。

⑤【左下のアイコン】からは、スライドショーに出てくる写真の順番を変えたり、手書きなどの加工を行うことができます。

・写真を順番を変えるのは、長押しして左右に移動させてみましょう。
・加工したい写真を選んで右下のアイコンから「手書き・テキスト・フィルター」など1枚1枚編集を行えます。

加工出来たら、右上の【完了】をタップ。

⑥最後に、作ったスライドショーを【送信(右上)】もしくは【保存(右下の矢印)】を行います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。