LINEアプリのパスコードロックの設定と忘れた時の対処方法

LINEアプリに「パスコードロック」を設定する方法とアプリロックナンバーの変更方法、忘れた時の対処方法についてご紹介します。設定するとLINEアプリ起動時に4桁のロック解除ナンバーの入力が必要になり、セキュリティを強化できます。

画面ロックとは、別にLINEアプリを起動させる時に毎回設定したパスワードの入力が必要になります。スマホ本体の画面ロックとLINEアプリを設定している場合は、LINEアプリを起動させるまでにロックを2回解除する必要があります。

画面ロックにパスワードを設定していない方でも、LINEアプリのみ個別にロックをかけておくことができます。

※動作確認:LINEアプリ iOS版Ver.7.15.1、Android版Ver.7.15.0

LINEアプリにロックをかける

<操作方法>
LINEアプリ内のタブメニュー【…】⇒【歯車のアイコン】⇒【プライバシー管理】⇒【パスコードロック】のスイッチをオン⇒【パスワード設定 ※1】⇒【もう一度同じパスワードを入力】

※1:ここで設定したパスワードがLINEアプリを起動させる際に入力が必要になります。4桁の数字で設定してください。

以上でパスワードの設定が完了しています。LINEアプリを停止させて、立ち上げてみましょう。パスワードの入力が求められるようになっています。

パスコードロックをなしにしたい

LINEアプリにパスコードを設定したが毎回入力するのが面倒などで、パスコード入力なしにしたい場合は、次の要領でオフにして下さい。

<操作方法>
LINEアプリ内のタブメニュー【…】⇒【歯車のアイコン】⇒【プライバシー管理】⇒【パスコードロック】のスイッチをオフにする

LINEアプリのパスコードロックを変更する

LINEアプリにパスコードを設定していると、パスコードロックの設定の項目の下にパスコードの変更の項目が表示しています。下記の手順で設定できます。

<操作方法>
LINEアプリ内のタブメニュー【…】⇒【歯車のアイコン】⇒【プライバシー管理】⇒【パスコードの変更】⇒【設定したい新しいパスコードを2回入力】

以上で新しいパスワードに変更できています。

パスワードを忘れた場合

パスワードを忘れた場合は、基本的にはLINEアプリの再インストールが必要になります。パスコードロックの再設定をすることができない仕様となっています。

再インストール後は、LINEにログインしてデータ復元(登録している友だちなど)する必要があります。ただし、トーク履歴は消えてしまいます。思い当たる数字があればパスコードの入力して解除できるか試して見ましょう。

※同じLINEアカウントでログインすれば友だちリストは復元できます。

LINEアプリ再インストール後、同じLINEアカウントを利用するには、LINEアカウントに登録している①②③いずれかの方法でログインすることで使えます。

①同じ端末・同じ電話番号で利用し認証番号入力
②同じFacebookアカウントでログイン
③メールアドレスとパスワード(※2)でログイン
※2:メールアドレスと一緒に設定したログイン用のパスワードです。

<操作方法>
【LINEアプリをアンインストール】⇒【アプリストアからインストール】⇒【LINEアプリ起動】⇒【ログイン(※3)】

※3:【ログイン】か【新規登録】を選択できます。以前と同じアカウントを使いたい場合はログイン。新しく1から始める場合は【新規登録】を行って下さい。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。