LINEアプリの花火機能を漢字で「花火」と送信しないで出す方法「絵文字使用」

「打ち上げ花火」の機能は、iPhone版LINEアプリのVer.7.9.0で利用できるようになった隠し機能として注目されています。ここでは、打ち上げ花火を表示されるためのキーワード漢字で「花火」と送信しないで表示する方法をご紹介します。

※動作確認アプリバージョン:iPhone版Ver.7.9.0

LINE打ち上げ花火の機能とは

基本的な使い方は、LINEのトーク画面を出して、普段友だちにLINEするように「花火」と漢字で入力して送信するだけで、そのトークルームの背景に打ち上げ花火のアニメーションが表示するというもの。ひらがなやアルファベットなどでハナビと送信しても使えません。

投稿済みの記事「LINEトーク画面の背景に打ち上げ花火が上がらない時の対処方法。表示条件は?」でも既に触れましたが、漢字で「花火」と送信せずに打ち上げ花火を出す方法を詳しく解説します。

<2017年9月2日追記>
花火が上がるエフェクト機能は終了しました。

花火と漢字で入力しないで表示するには絵文字を使う

絵文字の利用条件はサジェスト表示を設定でオンする必要があります。

サジェスト表示をオフにしている方は、オンにして下さい。操作手順は、LINEアプリを起動させて、【…】タブを開いて【歯車のマーク(設定)】⇒【トーク】⇒【サジェスト表示】と進めてスイッチをONすれば設定完了。サジェスト表示の言語は日本語を有効にしておきます。

それでは、実際に絵文字を使って打ち上げ花火を表示させてみましょう。

LINEトークルームを開いて下さい。

メッセージ入力欄に「はなび」と入れます。すぐ上に「はなびの絵文字」が出るので好きな絵文字を選択。プラスメッセージを入力して送信すれば打ち上げ花火があがります。

※確認できた絵文字は上の画像のピンクのラインで囲っている4つの絵文字です。左隣の有料の絵文字でもできるかもしれません。

花火絵文字の利用条件
・メッセージ中に花火絵文字を含んでいればOK

・花火の絵文字1つだけ送信している場合は表示しません。スタンプ形式で大きく送信してもなにも起こりません。

・絵文字の連続使用はOK

・スマイルマークから絵文字一覧を開き、同じ花火絵文字を使ってもNG。サジェスト表示の絵文字の利用が条件です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。